1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

竹内涼真が5度目の正直!日曜劇場初主演『テセウスの船』が楽しみ

2017年に大ブレイクした竹内涼真。その後も『陸王』『ブラックペアン』『下町ロケット』とTBS「日曜劇場」を中心に活躍してきたが、ついに2020年1月期に同枠『テセウスの船』の主演に決定。東元俊哉氏の同名漫画が原作で、父の殺人事件の真相を追う、タイムスリップものミステリー。

更新日: 2020年02月26日

3 お気に入り 26674 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆2017年に大ブレイクした竹内涼真

『過保護のカホコ』(2017)

竹内涼真と高畑充希

ORICON NEWSでは『2017年ブレイク俳優ランキング』を発表。首位に輝いたのは、人気ドラマに次々と出演して、瑞々しい演技を残した【竹内涼真】だった。

2013年、女性ファッション誌の男性専属オーディションにてグランプリを獲得しデビュー。翌年、『仮面ライダードライブ』でヒーロー役を射止めると、その後はドラマ『下町ロケット』(TBS)や映画『青空エール』、『帝一の國』など話題作に続々出演。

2014年-2017年

『ひよっこ』、『過保護のカホコ』のダブル出演で一気にブレイク俳優となった竹内涼真(24)。『ひよっこ』で演じたのは、ヒロイン・みね子(有村架純)と恋仲になる好青年・島谷純一郎役。出演がなくなると「島谷ロス」なる新語も生まれた。

2017年前期朝ドラ、2017年7月期ドラマ

◆その後もTBS「日曜劇場」などを中心に活躍

『ブラックペアン』(2018)

竹内涼真と二宮和也

竹内涼真が、役所広司主演、山崎賢人共演のTBS系日曜劇場「陸王」に出演することがわかった。約半年前に行われたオーディションを勝ち抜き、物語の鍵を握る陸上競技部員・茂木裕人役を射止めた。

2017年10月期ドラマ

竹内涼真が、嵐の二宮和也主演のTBS系日曜劇場『ブラックペアン』で、研修医・世良雅志役を好演。

2018年4月期ドラマ

別冊マーガレットの人気漫画『センセイ君主』が、竹内涼真と浜辺美波主演で実写映画化。2018年8月1日(水)、全国東宝系にてロードショー。

◆そんな竹内が5度目の正直で「日曜劇場」の主演に決定

竹内涼真が「テセウスの船」で日曜劇場初主演、父が起こした事件追う青年に(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3531… #竹内涼真 pic.twitter.com/hsNlumaRTC

竹内涼真(26)が、2020年1月スタートのTBS日曜劇場枠『テセウスの船』(毎週日曜 後9:00)で初主演する。

現在、木村拓哉(46)主演の「グランメゾン東京」が放送され、過去には「半沢直樹」(13年)もあった同局の看板ともいえる「日曜劇場」。

日曜劇場とともに成長してきた。15年に「下町ロケット」で初出演し、17年「陸王」、18年「ブラックペアン」「下町ロケット」と計4作に出演。徐々に重要な役で起用されるようになり、ついに主演にたどりついた。

◆原作は東元俊哉氏の同名漫画

竹内演じる殺人犯の息子が、父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップして真相を明らかにしようとする物語だ。

◆気になるあらすじは?

竹内演じる主人公・田村心(しん)は、家族の運命を変えた警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年。心と母親は、父親が逮捕されてからずっと世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。

ある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう。

心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年、事件現場となる雪深い村だった。
その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる。心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。

◆竹内らのコメントも届いた

「ミステリーやタイムスリップといった要素もありますが、そこに家族の愛の物語も織り込まれ、今までに読んだことのない非常に面白い作品です。」

竹内のコメント

「重い役柄ではあると思いますが、それ以上に日曜劇場の主演ということで、このような大役を演じさせていただけることを今はすごく幸せに思っています。」

竹内のコメント

「このドラマ化の企画をいただいて一番驚いたのは、キャストの皆さんの豪華さです。田村心役の竹内涼真さんをはじめ、どの配役もぴったりで、続報にご期待いただければと思います。」

原作・東元俊哉のコメント

1 2