事業主を名宛人として、パワハラに対して、
(1)当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
(2)その他の雇用管理上必要な措置
をとることを義務付けています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る