4項が労働者の責務

労働者は、優越的言動問題に対する関心と理解を深め、他の労働者に対する言動に必要な注意を払うとともに、事業主の講ずる前条第一項の措置に協力するように努めなければならない。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る