1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

若者にとって一年で最大のイベントでもある「ハロウィン」

ハロウィンの日には渋谷などの若者の街を中心に、仮装をした人が朝まで騒ぐというのが、近年恒例となっている。

しかし、最近では問題が絶えない...。

軽トラをひっくり返したり、喧嘩したり、痴漢したりとやりたい放題で、それも仮装してるから犯人が分からないまま泣き寝入りなんてこともあるようで、社会問題化していますよね。

一方で経済効果もすごい。。

一般社団法人日本記念日協会の調べによると、2018年のハロウィンの経済効果は1240億円でした。

日本歴代興行収入1位の映画は、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で約308億円です。

2018年のハロウィンの市場規模は約1,240億円ですから、日本のみならず世界的大ヒットとなった映画の興行収入の約4倍という計算になります。

ハロウィンの経済効果のすごさがお分かりいただけるかと思います。

でも、今年は

軽トラック横転事件をはじめ、痴漢や盗撮などさまざまな問題が物議を醸していた渋谷ハロウィン。

昨年ハロウィンでの騒動を受け、渋谷区がハロウィン期間中の路上飲酒禁止に向けた条例の制定方針を決めたそうです。

渋谷区はコンビニやドン・キホーテなどに、酒類の販売を自粛するよう要請。「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」では26日、31日の18時から翌朝5時まで酒類の販売自粛を発表。

1億円以上の税金投入で警備も強化している

渋谷区議会では警備員100人規模の動員費用やバリケード設置費などを盛り込んで「ハロウィン対策費1億292万円」を補正予算として計上し、可決されました。

少なくとも区民の税金がバカ騒ぎをしてトラブルを起こす人間たちのために無駄に使われてしまうことだけは確定しています。

そもそもハロウィンって

ハロウィンには、先祖の霊だけでなく、悪魔や魔女、さまよえる魂なども死後の世界からやってきます。

人々は、それらと同じ格好に仮装して仲間だと思わせ、身を守りました。魔女や悪霊の仮装やメイクは、現在でも定番中の定番です。

一説によると、中世の農民が祭りを開催するための食糧を集めて回っていたことを真似て、子供たちが仮装をして家々を回ってお菓子をねだるという現代の慣習がつくられたといわれている。

ハロウィンに仮装するのはなぜ?

1 2