1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

工事現場で働く僕が水害対策でよく使われている土嚢とか水のうについてまとめました

ohmoriさん

土嚢(どのう)とは?

土嚢とは、土嚢袋などに土砂が詰め込まれている状態の物を指します。

この土嚢を大量に作り、家の玄関などに積み上げる事で大雨などによる浸水被害のリスクを最小限にとどめる或いは防ぐ事ができます。

よく道端に置いてあるやつです。

水のうとは?

「土のう」の代わりとして、家庭で簡易的に作れる「水のう」というものがあります。

ゲリラ豪雨など、瞬間的に洪水が発生する恐れがある場合、室内への浸水を防ぐ手段として利用できます。

水のうは家庭のビニール袋で簡単に作ることができるようです。

土嚢を作るのがめんどくさかったら家で水のうを作るのはあり!

1. 40~45リットル程度のごみ袋を二枚重ねて水を入れる。
2. 中の空気を押し出し、袋の口をねじって縛る。

この簡易水のうは、排水溝からの逆流防止や止水板の代わりとして使うことができるそう。

さらにダンボールの中に入れると破けないので便利です!

水のうも作るのがめんどくさかったら、通販で売っていた

ちょっと高いけど…、水害対策に買っておいてもいいかもしれない

1