1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
39 お気に入り 35178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「てんかん」悪化の仕組みがついに解明された

群馬大大学院医学系研究科の柴崎貢志准教授らの研究グループは29日、「てんかん」の病態が悪化する仕組みを解明したと発表した。

■てんかんとは

症状

突発的に運動神経、感覚神経、自律神経、意識、高次脳機能などの神経系が異常に活動。

体の一部が固くなる(運動神経)、手足がしびれたり耳鳴りがしたりする(感覚神経)、動悸や吐き気を生じる(自律神経)、意識を失う、言葉が出にくくなる(高次脳機能)など様々な症状が生じる。

ほとんどの場合は数秒~数分間で終わるが、時には数時間以上続く場合も

原因はさまざまで年齢、性別、人種に関係なく発病

原因不明の「特発性てんかん」と脳腫瘍や頭部の怪我などによる「症候性てんかん」に分けられ、年齢、性別、人種に関係なく発病。

全世界の有病者数は約5000万人ほどで、日本では60万~100万人と言われている。

■今回明らかになったこと

発作が起こる際、マウスの脳が「発熱」していたことが判明

その結果、発作時には脳の原因部分の温度が正常な状態より約1度高い約38度になっていることが判明。

そして体温を感知する「TRPV4」と呼ばれるタンパク質が発熱により異常に活性化し、神経活動が強まって発作が悪化したという。

さらに発作を抑えることにも成功

冷却装置をマウスの脳に埋め込み局所的に30度まで冷やすと、発作を完全に抑制することに成功。

また、TRPV4の働きを抑える薬をマウスに投与しても発作が治まることが分かった。

■現在、治療には抗てんかん薬が主に使用されている

発作の種類やその他の状況(年齢、性、副作用など)により、適切な抗てんかん薬が使用される。

大部分の患者で発作が抑制され、薬を内服しても発作が充分に抑えられない場合には、脳外科手術や食事療法などの治療が行われる。

■新たな治療器具や治療薬の開発などにつながる成果

1 2