1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「鬼滅」の抱き枕だと…絶対見逃せない漫画コラボが話題に!

人気絶頂の「鬼滅の刃」から意外な方向のコラボアイテムが登場…みんなをざわつかせています!ほかにも「はたらく細胞」に「ビースターズ」、そしてマーベルで一番ぶっ飛んでるあの男が漫画とコラボ!?一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!

更新日: 2019年10月30日

6 お気に入り 17640 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

争奪戦が始まる予感…まずは気になる情報をチェックしましょう!

critical_phyさん

◎漫画好き必見です…あの作品が衝撃のコラボを展開!

▶何これかわいい…「鬼滅の刃」のあのキャラがまさかの抱き枕に!

AbemaTVが運営するインターネットテレビ局“AbemaTV(アベマティーヴィー)”とアニプレックスの番組を通じたオリジナル商品の開発・販売を実施するプロジェクト第1弾となる、TVアニメ『鬼滅の刃』オリジナル商品が発表されました。

今回『買えるアニメ放送局』で発表された『鬼滅の刃』のオリジナル商品は「木彫りの置物」全4種と、「ぎゅ~っと禰豆子」(抱き枕クッション)の2商品。いずれも職人や素材を厳選した、こだわりの商品だという。

価格は「木彫りの置物」が税込各1万5000円、「ぎゅ~っと禰豆子」が税込7700円、「鬼滅の刃 豆皿」が税込各2200円。なお「木彫りの置物」はセット購入するとオリジナルクリアファイルが付属する。

今、Abemaみてたら アベマショッピングのCMが流れて えっ(‘◉⌓◉’)ってなった 鬼滅!?ヒノキ!?ひゃーーー

グッズ木彫り……鬼滅はたまに渋いのが出るな……

鬼滅のグッズがどしどしでてきて毎回「あーこのシリーズ鬼滅でもだすのねえ」ってなるくらいまあ大体どこかで見たことある感じのやつだったんだけど、木彫りだけ異質すぎてはじめて鬼滅のグッズ展開こわ…って思った。

▶かわいすぎか…「はたらく細胞」とあの人気アクセブランドがコラボ!

細菌やウイルスが入ってきたり、常在菌が暴れ出したり、がん細胞が発生したりもするけれど、体の中の細胞達は今日も元気にみんながんばっています、という日常漫画。

はたらく細胞カラーである赤色のスウェードコードをポイントとしたネックレスは、赤血球・白血球(好中球)・血小板の3種類ラインアップ。

コラボ・ライセンス専門サイト「Fan Fun MARKET」は、「はたらく細胞×THE KISS byサンリオデザインプロデュース」コラボアクセサリーの販売を2019年10月24日より開始した。

生物の先生が授業で マンガ・アニメ化された『はたらく細胞』観るのをオススメしてた

はたらく細胞が、医療界のキティーちゃん的な存在になってる気がする。

サンリオデザインプロデュースによる 『#はたらく細胞×#THEKISS』の キャラクター付きコードネックレスとバッグチャームが登場!✨ はたらく細胞の世界観を感じられる赤いコードを 使用したネックレスとバッグチャームの2種。 原画展先行発売の為、ぜひお早めに★ #原画展 #サンリオ pic.twitter.com/zWMJrhyeDh

▶ガチで面白そう…「ビースターズ」が人狼ゲームとコラボ?

『BEASTARS』と、国内外で人気のアナログゲーム「ワンナイト人狼」がコラボし、「『ビースターズ×ワンナイト人狼』~チェリートン学園にひそむ犯人を捜せ!~」と題したカードゲームが発売決定。

自身の正体を隠し欺きながら、相手の正体を探るという人狼ゲームの基本ルールはそのままに、1ターン(ワンナイト)で決着がつく「ワンナイト人狼」は、手軽に遊べて繰り返し楽しめるカードゲームの決定版!

東京ビッグサイト(青海展示棟)にて開催される『ゲームマーケット2019秋』の“スロウカーブ”ブース(ブース番号:エ08)と、11月23日(土)〜12月8日(日)にアニメイト池袋本店で開催される『BEASTERS』animate ONLYSHOPにて先行販売。

ふぇー!ビースターズのワンナイト人狼めっちゃかわええ〜!!ほしーい!(遊ぶ予定がなーーーい!)

「ビースターズ×ワンナイト人狼」の気になるカードデザインがこちら! 人狼ゲームをやったことが無いような女性や子供でも気軽に遊べるようなかわいいデザインになっています。 pic.twitter.com/ivPsxm9l8b

▶掲載後即トレンド入り…「デップー」があのジャンプとコラボ!?

「MARVEL」と「少年ジャンプ」のコラボに無責任ヒーロー“DEAD POOL”もまさかの参戦!?好き勝手やりたい放題の33ページ!!ジャンプ+が誇る新人作家コンビ・笠間&植杉が贈るハチャメチャMARVEL時代劇、開幕——!!。

内容は、デットプール(ウェイド・ウィルソン)が時代劇の『子連れ狼』、『水戸黄門』の世界観がミックスされた江戸時代で、大暴れするというものだ。落ちにもコラボネタが仕込まれているのだが、ネタが恐ろしく古いため気づける人はかなり限られていそうだ……。

ファンからも、「流石のやりたい放題」「細かいセリフの全てがデップー感すごすぎて原作者からの愛とリスペクトバッチリ」「デッドプールSAMURAIオチが最高だった腹抱えた」などのコメントが寄せられている。

1 2