1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

k_405さん

「ニコ生」配信中に滑落

富士山山頂付近で28日、インターネットで動画を配信しながら登山していた男性が滑落した恐れがあるとして、山梨県の消防防災ヘリなどが捜索したが発見できず、29日朝から静岡県警の山岳遭難救助隊員約10人が山中を捜索している。

山頂らしきものが見えてきたころ、急激に斜面が角度を持ち、「滑る」を連発。雪がアイスバーン状態になっているところを、「滑る」と言いながら落下。配信はそのまま止まってしまいました。

富士山は、9月で閉山しているが、動画の内容から、男性は、軽装のまま登山し、冬山に必要なピッケルやアイゼンを持たなかったのではないかとの指摘も出ている。

冬の富士山はアイゼンをしてても滑落事故が絶えない。

冬の富士山は上級者じゃないとむりだし、単独・装備も無いのはやばいよ。

冬の富士山。 一見、雪に見えるけど、雪の下にはスケートリンクの様な氷だからね。 45度のスケートリンクを登る。 これが冬の富士山なの。

8合目より上は日本で一番難しい山

独立峰のため、冬季は全方向から強風が吹くなど気象条件が厳しいことが理由で、登山歴約50年の古屋寿隆・山梨県山岳連盟会長(66)は「8合目より上は日本で一番難しい山」と強調する

冬の富士登山が危険な理由

夏山期間以外の富士登山については、猛烈な突風や吹雪に見舞われることが多く、気象条件が特に厳しく山岳遭難のリスクが極めて高く大変危険です。

山小屋の経営者は、「(冬の富士山は)普通の人は登る世界ではないと思います。気温が低いから、かなり凍っている状態だと思います」

スケートリンクのようなアイスバーン

カッチカチに凍った斜面はアイゼンが刺さらないほどという。風が不喫茶らしで雪が日光で溶けるも強風により凍結。

「スケートリンクを斜めにした状態」。遭難者の救助に当たる山梨県警などは、冬の富士山の登山道をこう表現する。氷が分厚く、ピッケルは刺さりづらい。県警の担当者は「一度転べば数百メートル滑落する可能性がある」

毎年アイスバーンでの滑落事故が発生しており、ピッケルやアイゼンなどの冬山装備を使い確実な滑落停止や耐風姿勢の取ることができる高度な登山技術が必要です。

全方向から強風が吹く

積雪期の富士山は、北西からの季節風によって強風が常時吹き、滑落の危険があります。

富士山は独立峰という周囲に山がない地形の為、頂上付近では毎秒10メートル近い強風が常に吹いています。

シーズン以外の時期の登山は危険が伴うことを理解する

富士山においては、十分な知識やしっかりとした装備、計画を持たない登山者の登山は禁止されています。夏山期間以外は、特に気象条件が厳しく、救護所、トイレも閉鎖、携帯電話も通じにくいなど、安全確保が困難となります。

環境省・静岡県・山梨県などで構成される「富士山における適正利用推進協議会」は、遭難事故を防止するために「富士登山における安全確保のためのガイドライン」を策定。そこでは、「万全な準備をしない登山者の夏山期間以外の登山禁止」や、登山予定日の1週間程度前までに「登山計画書」を地元警察などに提出することなどが義務付けられている。

富士山は周りに高い山が全くないから冬場は特に爆風なんだよなぁ… 夏と冬の難易度がこんなに乖離してる山はほとんどない

1 2