1. まとめトップ

【ワイン】今夜はちょっぴり大人な気分☆おすすめワインをご紹介♪

大人なイメージな【ワイン】そんなワインのおすすめをご紹介します☆また、近くのコンビニでも手に入るお手軽ワインも一緒に紹介します♪

更新日: 2019年10月30日

3 お気に入り 259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イタリアワインのおすすめ15選。代表的な地域の銘柄をピックアップ

イタリアはワインの生産量が世界一位の国です。ワインはイタリアで水よりも安いと言われており、多種多様なワインが国民的な飲み物として親しまれています。
今回はイタリアワインの特徴や選び方とともに、赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインの種類別におすすめのワインもご紹介。初心者でもイタリアワインを楽しみたいという方はぜひ参考にしてみてください。

イタリアワインの選び方

産地で選ぶ

トスカーナ州は花の都と呼ばれるフィレンツェがある州です。高品質で辛口の赤ワインを多く生産しています。国内だけでなく国外での評判も高く、その人気は世界的に影響力のあるワイン専門ウェブサイト「ワイン・サーチャー」のランキングにも多数ランクインするほど。
州の生産量のうち8割を赤ワインが占めており、イタリアワインの代名詞とも呼ばれるキャンティやキャンティ・クラシッコなどのサンジョベーゼ種ぶどうで作る高級ワインが有名です。ジビエや牛肉の料理に合う華やかなワインが多く生産されています。

イタリアワインの王様と呼ばれることで有名な高級ワイン、バローロの産地であるピエモンテ州。赤ワインではネッビオーロ種ぶどうを使用したどっしりと重く濃厚なワインが有名です。バルベラ種ぶどうやドルチェット種ぶどうなどを使った少し軽めのワインもあります。
甘口の白ワインやスパークリングワインなども製造されており、さっぱりした酸味で飲みやすいワインが多いのが特徴です。赤ワインも白ワインもデイリーなものから高級なものまで幅広いワインが揃っています。

イタリア国内でもトップクラスのワイン生産量を誇るヴェネト州。ヴェネト州のワインは全体の7割を白ワインが占めています。ヴェネト州を代表する白ワイン、プロセッコは爽やかなワインで魚料理にもおすすめです。赤ワインでは濃厚かつ奥行きのある香りが特徴的な高級ワイン、アマローネが有名。
さらにヴェネト州では、ワインを造る際に余ったぶどうの皮を使う蒸留酒・グラッパの生産も盛んです。グラッパは食後の消化を助けるお酒で、食後に小さなグラスで飲まれます。

シチリア州はイタリアの南端にある地中海最大の島です。シチリアワインが注目され始めたのは最近のことなので、シチリアは他の地域と比較すると若いワイナリーが多いのが特徴。しかし、1世紀以上前から実をつけ続けてきたぶどうの木が多いため、味わいの深いワインが製造されています。
香りが強く、しっかりとした酸味と風味を楽しめるワインが多く、アルコール度数が通常のワインよりも高い酒精強化酒・マルサラなども有名。強い樽の香りがする食前酒として地元で愛されています。

ロンバルディア州は大都市ミラノがある街です。観光地でもあるためレストランも多く、デイリーなワインから高級ワインまでワインの種類は豊富。全体的なレベルが高く、量よりも質を重視したワイン造りが行われています。
シャンパンと肩を並べるほど上質なワイン、フランチャコルタはロンバルディア州を代表するスパークリングワインです。イタリアで最も有名な発泡酒ともいわれています。

チリワインおすすめ18選

値段が安くて美味しいチリワインは、日本でも人気が急上昇です。
チリワインの美味しさの秘密は、チリの気候がワイン造りに適していることがあげられます。
ポリフェノールも多く含まれていて、健康にもよいチリワインですが、値段も様々でどれを選べばいいのか迷ってしまいますね。
今回の記事のポイントは以下の2点です。
アマゾンや楽天で人気のあるおすすめのチリワインをご紹介。
商品概要や口コミ、参考価格も合わせてご掲載。
あなたの好みのチリワインがきっと見つかりますよ♪
参考にして下さい!

チリワインの豆知識

チリワインは安いワインだけではなく、高級ワインもあります。
選び方は、やはり味!
自分の好みの味を選ぶのが一番ですが、飲まないと解りませんよね。
ワインはブドウの品種によって味が変わってきますので、自分の好みの目安になります。
赤ワインは、濃厚で口当たりが良くお肉料理やチーズに合うものが多いですね。
白ワインは辛口でスッキリとした飲み口で、魚料理や野菜に合うものが多いです。
皆さんの口コミでも、味の傾向がわかるので参考にして下さい。
それでは人気のあるおすすめのチリワインを紹介しましょう。

アルパカのデザインがかわいいチリ産赤ワイン。
スーパーでも置いていることが多く、よく見かけるワインですね。
圧倒的値段の安さと、美味しさで人気が高いです。
チリの名門のワイン会社「サンタ・ヘレナ」社が販売。
安定した品質の高いぶどうから作られ、果実味とまろやかな味が特徴。
飲みやすいと評判で、肉料理には抜群に合う味です。

カベルネ・ソーヴィニヨンの赤ワイン。
フランスの名門バロン ド ロートシルト家が作り出したチリ産のワインなので、クオリティが高いのも解りますね。
すがすがしさとしっかりしたコクのバランスの良い味で、肉料理によく合います。
味が安定していた、しっかりとした重みがあるのも人気の理由。

1875年創業のサンタカロリーナ社が作った老舗の味。
チリでは先駆的な存在のワイン会社です。
味は日本人の味覚によく合った、果実味あふれる辛口白ワイン。
値段が安くて、クオリティが高く、野菜、魚料理によく合います。

濃いルビー色がとても魅惑的なフルボディの赤ワイン。
「悪魔の蔵」の伝説を持つワイン蔵で、ワインの美味しさを悪魔が守ったと言われるワインです。
チェリー、ブラックカランと、ブラックプラムを思わせる、果実の香り、熟したベリーの味わい、上品なタンニン、とバランスが非常によく、エレガントな味わいです。

スッキリとした酸味と辛さが美味しい、チリ産の白ワイン。
香りはグリーン系のハーブ、みずみずしいさっぱりとした香りですね。
ブドウ畑の管理が厳しく、殺虫剤、除草剤に頼らない方法で丁寧にブドウを栽培。
品質を確保するために若いうちにブドウをカットするので、あまり多くは作れないそうです。
ブドウの品質にこだわったワイン、試してみたいでね。

3位のワインと一緒のチリで先駆的な存在の、サンタ カロリーナ社が作った赤ワイン。
飲み飽きることのない、果実味とタンニンが特徴的なワインです。
日本人の味覚に合わせて作られているので、とても飲みやすくワイン初心者にもおすすめ。
140年の歴史を誇る有名メーカーなので、クオリティが高いのも納得ですね。

ビトラルとはスペイン語で、ステンドグラスを意味します。
名前の通りに美しい色、光の調和を表現している香りと味のバランスがとれた、赤ワインです。
とても個性的でがっしりとした強さと重さ、香り豊かでスパイシーさも感じることから、人気があります。
肉料理の相性は抜群で、世界のソムリエから選ばれたのも納得ですね。

サンタ カロリーナ社の作るワインは、値段が安く美味しいことから、ランキングにもいくつか登場しています。
その中でも濃厚でリッチな味わいが人気の赤ワイン。
赤み肉に合うワインとして、日本のサントリーとサンタ カロリーナ社が共同開発。
日本人に合う味に開発されました。
サンタ カロリーナ社の赤ワインブドウ品種、カルメネールに対するこだわりを感じます。

ワインの醍醐味は複雑なフレーバーですが、こちらも個性的な味が特徴の赤ワイン。
品種の個性がしっかりと表現され、ラズベリーに、コーヒー、チョコレートなどの複雑な味わいを感じます。
ラベルの自転車のマークは、自転車でブドウ畑に向かう農夫たちを表す、コノスルのシンボルだからです。

1位でも紹介したアルパカワインの白です。
チリの実力派ワインと言われる、サンタ・ヘレナ社の自信作。
「驚くほどの果実味とまろやかな味わいを実現した」と言われているアルパカ。
白ワインのキレと香りを楽しむ事ができます。
クセが強くないので、家族や友人と気軽に楽しめるワインです。

コンビニワインおすすめ15選!セブンイレブンのコスパの良い赤と白は?

美味しくてコスパなおすすめのコンビニワイン(セブンイレブン、ローソンなど)をご紹介いたします。赤、白スパークリングと種類豊富なコンビニワインに合わせる、相性抜群のコンビニで買えるおつまみも一緒にチェック!あのセブンのヨセミテロードも、種類豊富で必見ですよ。

コンビニワインは品揃えが豊富でコスパ!

コンビニではお酒の取り扱い数がとても多く、特にコンビニワインの種類は多彩です。赤ワイン、白ワインだけではなく今ではスパークリングワインも選ぶことができます。赤ワイン、白ワインはふどう品種を選ぶこともできて、選択肢がかなり広がっています。
しかも、品揃え豊富な上にとてもリーズナブルなワインが多いのでコスパです。安いものだと300円台~500円第から販売しているコンビニワインは、手軽に買えるのでとてもおすすめです。人が集まった時や、家で飲み足りないときなどそれなりに良いワインを、安く手に入れることができます。

おすすめコンビニ赤ワイン①コノスル・カベルネソービニヨン

おすすめのコンビニ赤ワイン1つ目は、コノスル・カベルネソービニヨンです。コノスルはカベルネソービニヨンだけではなく、ピノ・ノワールや白ワインなど幅広く取り扱っているコスパなワインブランドの1つです。価格は800円弱です。
コノスルはチリのワインで、しっかりとした飲みやすい味わいが特徴です。1,000円しませんが、しっかりとした飲み口がとても満足感のある赤ワインです。食事に合わせてもワイン本来の味を楽しむのにもぴったりのワインです。

ブドウの品種で選ぶ

サンジョベーゼ

主にトスカーナ地方で栽培される赤ワイン用のぶどうです。イタリア国内で最も普及している品種であり、特にトスカーナ地方キャンティ地区とキャンティクラシコ地区で製造されるワインによく使用されます。
非常に濃いルビー色の実で、強い酸味と渋みがあり、香りがやや弱いのが特徴です。十分に熟成させることで酸味が弱まり、強い香りが出せるようになります。高級ワインから一般的に家庭で飲まれるデイリーなワインまで、幅広いワインの製造に使用されているぶどうです。

1 2