1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

ネズミが車の運転を習得

カラフルなシリアル「フルーツループ」を褒美として与えることで、ネズミに「車の運転」を習得させることに成功したとする研究結果が発表された。

研究者らは、丸い形のシリアルを離れた場所に置き、ラットがクルマを運転して取ってくることができるかどうか実験。メス6匹とオス11匹の計17匹が成功した。

これにより、ラットの脳はこれまで考えられていたよりも能力が高いことが示唆された。

訓練を終えたネズミには、リラックスした際に出るホルモンが分泌されていたこともわかり、研究チームは、「これは新たな技能を習得したことへの満足感を表している」と判断しているという。

道具を使うイノシシ

3年の間にヴィサヤンヒゲイノシシ(Sus cebifrons)が道具を使う姿を複数回観測しました。イノシシたちは囲いの中で、巣を掘るために棒や木の皮を使っていたのです。

つまり道具の使用は適応知能と社会学習の結果であり、これまで過小評価されていたイノシシの知能の一面を強調していると研究者らは語っています。

ただし、研究によれば、棒を使って穴を掘るのは、ひづめや鼻先を使って穴を掘るのと比べると効率が悪いという。

それでは、なぜ、棒を使って穴を掘るのだろうか。研究によれば、ただ楽しいから道具を利用している可能性がある。

タコは人間のような仕草も・・・?

海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。

タコは隠れ場所を作ったり、クリエイティブに問題解決し、箱を開け、狩りをし、人間のような仕草を見せることさえあるのです。

「タコはどの動物とも違う。他の軟体動物とすらも異なっている。8本の手を器用に使い、大きな頭を持ち、問題解決能力も高い」

Clifton Ragsdale博士

・コミュニケーションをとるタコ

生物学者は、一部のタコがモールス信号に似た言語を介してお互いにコミュニケーションをとっていることを発見しました。

タコは単独で行動すると考えられてきたが、貝殻を集めて山を築き、それを数世代続く「アパート」にしていることがオーストラリア沖で確認された。

・タコの遺伝子も興味深い

1 2