1. まとめトップ

世界遺産が…沖縄の「首里城」が全焼!出火原因は何だったのか?

沖縄県那覇市にある世界遺産「首里城」が31日午前2時50分頃、火災が発生。首里城の正殿、北殿、南殿が全焼したとのこと。31日未明まで、開催中の「首里城祭」関係者が作業をしていたという。出火当時は帰宅していたため、出火原因の関係を調査しているようだ。

更新日: 2019年10月31日

2 お気に入り 6037 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PONTIKIさん

沖縄県の世界遺産である「首里城」が全焼!

31日未明、那覇市にある「世界遺産」の首里城跡に復元された「首里城」から火が出て、城の中心的な建物の「正殿」などが全焼しました。

31日午前2時40分すぎ、那覇市首里当蔵町にある「首里城」から煙が上がっていると消防に通報がありました。

消防車30台が出て消火にあたっていますが、この火災で城の中心的な建物の「正殿」のほか、「北殿」や「南殿」も全焼しました。

■火災の原因は?

首里城公園では、4日前の今月27日から毎年恒例の「首里城祭」が始まり、来月3日までの期間中、さまざまなイベントが行われているところでした。

初日はおよそ700人による華やかな「琉球王朝絵巻行列」が行われ、今週末の3連休中の来月3日には、国王が、国家の安寧と五穀豊じょうを祈願するため、お寺を参詣(さんけい)した様子を再現した「古式行列」など多くのイベントが予定されています。

31日も未明までイベント関連の作業が行われていた。出火当時は作業員はいなかったようだが、現在調査しているとのこと。

また修学旅行シーズンでもあるので、「放火の疑いもあるのでは?」といった声も寄せられている。

■首里城ってどんな建物だった?

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である

首里城の創建年代は明らかではない。尚氏歴代居城の正殿は、かつて百浦添とされ、敬称で御百浦添と称された。

近年の発掘調査から最古の遺構は14世紀末のものと推定され、三山時代には中山の城として用いられていたことが確認されている。おそらく、13世紀末から14世紀のグスク造営期に他の沖縄の多くの城同様に成立したものと考えられる。

守礼門(しゅれいもん)は、沖縄県那覇市首里にある首里城歓会門の外、首里を東西に貫く大通りである「綾門大道」(アイジョウウフミチ または アヤジョウウフミチ とも)の東側に位置する牌楼型の門(楼門)である。

日本城郭でいう首里城の大手門に値する。柱は4本で二重の屋根を持ち、赤い本瓦を用いている。

■SNS上では「首里城の火災」に驚きを隠せない様子

沖縄のシンボル首里城が…この立派な城構えに美しい御座敷も全焼なんでしょうか?他県民ではありますがとても悲しいです。 pic.twitter.com/UrJ28yOH3N

世界遺産である首里城が火災に?? 再建はできるのか? 沖縄の代表的な観光スポットで、沖縄の人たちにとって聖地でもある首里城の火災に、沖縄の人たちは大きなショックを受けている。 #首里城火災 #首里城再建 youtube.com/playlist?list=… pic.twitter.com/abtrfOhn0t

1 2