1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

こ、国宝が、、せ、世界遺産が、、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  #首里城 #首里城火災 #首里城火事 #首里城放火 #首里城炎上 #首里城全焼 #世界遺産 #国宝 #世界中が涙 #日本が泣いた #まとめ #まとめサイト

かなえchさん

31日未明に発生した那覇市の首里城の火災で、那覇市消防局は31日、出火元は正殿の可能性が高いと明らかにした。

午前2時40分ごろ、那覇市の首里城で「煙が上がっている」と警備会社から119番通報を受け、消防車両が10台以上出動して消火に当たったが、首里城の正殿と北殿、南殿がいずれも全焼。近接する「奉神門」や「書院・鎖之間」も延焼した。

現場映像

「大変なこと」「あって当たり前だった」。火の粉を散らして煙を上げ、すすの臭いを漂わせる姿に、付近の住民はぼうぜんと立ちすくむしかなかった。

様子を見に来た会社員の女性(50)は「午前2時半ごろサイレンの数の多さに気付いた。首里城は絶景で、あって当たり前のものだったので、あまりに衝撃が大きすぎて、涙が止まらない」とうつむいた。

首里城とは?

沖縄県那覇市首里金城町にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスクの城趾である。現在は国営沖縄記念公園の首里城地区として都市公園となっており、一般財団法人沖縄美ら島財団が管理を行っている。 琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城であった。

築城年: 14世紀末(推定)

廃城年: 1879年(明治12年)(首里城明け渡しの年)

再建造物: 正殿・門・御嶽・城壁

主な改修者: 尚巴志

主な城主: 第一尚氏、第二尚氏

別名
百浦添、御百浦添、御城(ウグシク)

城郭構造
山城

天守構造
なかったと推測

築城主
不明

築城年
14世紀末(推定)

主な改修者
尚巴志

主な城主
第一尚氏、第二尚氏

廃城年
1879年(明治12年)(首里城明け渡しの年)

遺構
石門、石垣

指定文化財
国の史跡
世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)

再建造物
正殿・門・御嶽・城壁

位置
北緯26度13分1.31秒 東経127度43分10.11秒

Twitterの反応は?

知らない人が多かったので。 上に建ってる建築物は殆ど世界遺産では無く、戦時中に焼失した首里城の跡が世界遺産。 1、2枚目の石垣の遺構がそれ。 正殿の一階からガラス越しに見れた。 今回焼失した正殿などは70cm位底上げされて、その上に建ってる。 戦前の消失前の正殿などは国宝だった。 #首里城 pic.twitter.com/aydvutTw9i

悲しいニュースを見続けることは精神的な負担をかけることになるので、あまりおすすめしません。 辛くなったらSNSを一度閉じてしまうのも手です。 大丈夫、何度焼け落ちてもその度に再興してきた沖縄のシンボルです。 今度は私たちの力をあわせて、必ず再興しましょう! #首里城

ちょっと待って #首里城 がトレンド入りしてて。 タイムラインで「首里城炎上やべぇ」とか書かれてるから何事かと思えば 炎上ってこっちの炎上なのかよ! pic.twitter.com/OyBLmh5dhi

首里城正殿が全焼との報に接しただ、ただ落涙。戦災を経た地下の石積み遺構の無事を切に願うのみ(泣) 2012年撮影。#首里城 pic.twitter.com/NSIrnvhRNj

そして… #首里城 の火災ニュースにショックを隠せ中の人Tです。 実際に足を運ぶことはできませんでしたが、空手道をしていたこともあり、(発祥の地・メーカー様ですが帯に守礼の門があって)なじみ深かったのです…。 とてもショックです…

あの場所に立つことを夢見て 3年前から挑戦してきたけど その夢が1つ消えてしまった 生まれ育った場所の 誇りであり宝 今までもらってきたものを忘れず 心に刻んでいこうと思った ありがとう #首里城 pic.twitter.com/vG25eMQZvC

夜勤明け、朝方。 首里城がぁ!。沖縄大好きで、毎年お安いシーズンに行くんです。来月も行こうと。 #首里城 。守礼門くぐると圧倒的な朱塗り。 中も極色彩で。 それが・・・ 沖縄の方の悲しみは。 今年初参加の友人が「首里城とひめゆりと美ら海は絶対に」。 ワシも残念。 また朱色に包まれたい pic.twitter.com/2iYtA0Du0B

首里城が~朝ニュース見て悲しい 次回は晴天で撮影しようと思ってのに… 再建募金などありましたら 喜んで寄付いたします #首里城 pic.twitter.com/qPYmPrNIXC

首里城全焼悲しすぎる。 2日前行ったのに… 中も外もこんな綺麗やったのに… #首里城 pic.twitter.com/9T5voA2v6x

@david_villa_07_ #首里城 は 13世紀末から14世紀に作られた説が有力 1453年 尚金福王の死後の王権争いで 1度目の完全焼失 1660年 2度目の火災 1709年 3度目の火災 1945年 沖縄戦と 戦後の琉球大学建設で完全破壊 1980年代末〜1992年 旧来の遺構を埋め戻す形で復元 何度、破壊されても 復元されてゆく、強い城 pic.twitter.com/1ZK2SXjNw9

【ひとりごと】 首里城火災による沖縄の皆様の痛みに対して心よりお見舞い申し上げます 先の大戦による焼失から世界遺産に登録されるまでになった沖縄の誇りの建造物でありました でも、これで終わりではなく、首里城再建をぜひ私は願いたいと思います #首里城再建を #首里城火災 #首里城

1