1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

sogi-labさん

複雑なマナーを守ることが期待される葬儀の場。葬儀の会食の場でお酒をいただくこともあるでしょう。普段誰かとお酒を飲むときには、誰かが音頭を取って「乾杯」と威勢よくお酒の場を始めることが多いですよね。しかし葬儀の場では「乾杯」は使わず、かわりに「献杯(けんぱい)」というのが基本です。

では「献杯」は乾杯とどう違うのでしょうか? また「献杯」をするときはどんなことに気を付けたらいいのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

そもそも「乾杯」とは?

国語辞典や百科事典では、「乾杯」は次のように定義されています。

かん‐ぱい【乾杯/乾×盃】
[名](スル)杯の酒を飲み干すこと。特に、喜びや祝福の気持ちを込め、杯を差し上げたり触れ合わせたりして、酒を飲むこと。「―の音頭をとる」「二人の門出を祝い、―する」

デジタル大辞泉の解説

慶事や健康を祝して杯をあげ酒を飲み干すこと。正餐では主菜を食べ終えたあと,主人が立って挨拶,主人側全員が起立して客側に向い,乾杯の音頭とともに飲み干す。客側は同時に着席のまま飲み干すのを定法とする。乾杯後にグラスをたたき割ったり,飲み干したことを相手に見せ合ったりすることもあるが,時代や文化によって様式は異なる。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

以上のどちらの定義でも、「乾杯」は慶事やお祝い事に関連するような説明がされています。明らかにお祝い事の席ではない葬儀で乾杯が使われないというのも納得ではないでしょうか。

「献杯」の意味とは

では「献杯」は、どのように定義されているのでしょうか。

[名](スル)相手に杯を差し出して敬意を表すこと。こんぱい。「主賓に―する」
[補説]「故人をしのんで献杯します」のように、亡くなった人を悼(いた)んで杯を捧げることをもいう。

デジタル大辞泉の解説

「献杯」とは相手に敬意を示すこととされています。葬儀の場では故人が中心となりますので、「献杯」することで故人に対して敬意を表し、追悼の意を示すことには合点が行くのではないしょうか。

葬儀・お葬式での献杯は、亡くなった人を敬い、供養する気持ちを大切にする儀式ですから、西洋から伝わった乾杯とは全く異なるもので、意味合いとしてはもともと日本に昔からあった神聖な儀式に近いものです。仏教の一連の儀式には、献杯自体はありませんが、近年、葬儀のあとお斎を行なうときに献杯という言葉を使用するようになってきました。

乾杯と献杯では、そもそもルーツが異なるようです。

献杯のマナー

献杯は、精進落としなどの会食の席にて行われます。献杯が行われるまで食事に手をつけてはいけないというマナーがあり、全員が席に着いてから始めます。全員が揃ったところで、位牌の前に酒の入った盃を置き、喪主の挨拶、代表者による献杯の挨拶と続きます。この手順は、葬儀の場合でも法事の場合でも基本的には変わりません。

ちなみに「精進落とし」とは、火葬を終え、続く初七日の法要の際に行われる食事の席をさします。

また、乾杯とは異なり「杯を高くかかげる」「他の出席者と杯を鳴らす」「お酒を飲み干した後に拍手を送る」の3点は必要ありません。全ての弔事で献杯が行なわれるということではなく、地域や宗派によっては行なわない場合もあります。

司会者や喪主から献杯をお願いされたら、挨拶をする場へ移動し、一度グラスを置きます。参列者へ向かって一礼をした後、遺族をいたわる気持ち、お葬式が無事執り行われて安堵している旨を簡単に語ります。挨拶をするのが遺族であれば、まず参列者へのお礼を述べると良いでしょう。締めには、この場にいる人とこれからも寄り添っていきたいという心遣いと共に、故人の冥福を祈る挨拶を沿えて挨拶を締めます。

献杯の挨拶をするときの注意点

献杯の挨拶のしかた

「本日はお忙しい中お付き合いいただきありがとうございました。〇〇も安心して旅立てたのではないかと思います。この席では、みなさまと語らいながら、私たちの知らなかった〇〇との思い出などをお聞かせいただければ幸いです。」

「それでは献杯をいたします。グラスをお持ちください。」

「それでは、皆様のご多幸と故人に哀悼の意を表し、献杯。」

本日はお忙しい中、最後までおつき合い頂きまして有難うございました。故人も安心してくれているものと思います。
この席では、私たち家族が知らなかった父の思い出話でもお聞かせいただければと思っております。
まずは、献杯をさせて頂きたいと思いますので、ご唱和をお願いします。献杯。

故人とは学生時代からの友人の○○と申します。
このたびは突然のことで、未だに信じられない気持ちでいっぱいです。
今でも、目を閉じると彼の元気な姿が思い起こされます。
彼のことですから、きっと我々のことを見守ってくれていることでしょう。
どうか安心して、安らかに眠ってください。
それでは、これより献杯させていただきます。献杯。

「献杯」は故人に敬意を示すためのもの

1 2