1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

am9375jtcさん

・日本のサッカーのスター「本田圭佑」選手

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。日本の実業家。サッカー経営者。ポジションは、フォワード・ミッドフィールダー。元日本代表。カンボジア代表監督・GM。オランダ・ロシア・イタリア・メキシコ・オーストラリアなど様々な国のクラブで所属。イタリアでは名門ACミランに所属し背番号10を背負った。日本代表としても活躍し、アジア人初となるW杯3大会連続のアシストを達成。日本人初となるW杯3大会連続ゴールを達成し、アジア人のW杯最多得点を更新した。W杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となり、32歳11日でのゴールは日本人のW杯最年長ゴールとなった。指導者としても現役選手ながら実質的なカンボジア代表監督兼GMに就任。また、自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を日本全国で開校。経営者としても複数のプロサッカークラブの実質的オーナーを勤めている。

2018年W杯以降はメルボルン・ビクトリーでプレーをしていたが今年5月に退団

サッカー、オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーが21日、MF本田圭佑(32)がシーズン終了とともに退団すると発表した。メルボルン・ビクトリーは契約延長を目指していたが、本田の思いを尊重し慰留を諦め、最終戦前に、敬意を示し、正式発表の運びとなったようだ。本田は「メルボルン・ビクトリーの一員でいられたことを誇りに思う。次なるチャレンジに向けてクラブを去りますが、ここで過ごしたことは、決して忘れない。クラブの成功を祈っています」とコメント

日本代表は引退し、オーバーエイジ枠で東京五輪を目指しているが...

日本代表を牽引し続けてきた本田は、かねてよりオーバーエイジ枠での五輪参加希望を公言。前にも言ったと思うけど、2020年の東京五輪でプレーしたい。僕の目標である東京五輪に向けてベストな選択ができるようにするよ」と、改めて母国開催の祭典への意欲を語っており、今後の去就に関しても五輪参加を念頭に置いた判断を下すことを表明している。

・MVの退団後約4ヶ月の間所属チームが決まらず

本田を求めるチームは欧州にはなかったことがはっきりした。既に欧州リーグの移籍市場は閉じてしまったので、事実上の“戦力外通告”です。

「Jリーグはどこもウェルカム。本田はまだ使えるし、何といっても観客動員力がありますからね。あるいは中国や中東の金持ちクラブからならオファーがあるかも。ただ、いずれにせよ本人のプライドがそれを許すかどうか……」

・無所属中の4ヶ月間はいろいろなことにチャレンジをしていた。

現役でのプレーは継続したまま、実質的な監督としてカンボジア代表を指揮する。カンボジアサッカー協会がアジアサッカー連盟など統括を担う関係各所に確認を取ったところ、このような形での指揮はルール上問題がないと判断された。目標には「カンボジアのサッカーが目指すべきスタイルを作り上げること」を掲げた。また、「カンボジアのPR活動もしていくつもり」と述べている。

”本田圭佑に限界なし。”をテーマにした動画を出していて、10月31日時点で14万人を超えるチャンネル登録者数を保持している。

・そんな本田圭佑のツイートで新たな展開があることを見せた。

Staring tomorrow I will join @MijnVitesse training. Thank you @MijnVitesse. I feel the same as I did 12 years ago when I was trying out. #enjoy

訳:明日からSBVフィテッセとの練習に加入します。ありがとうフィテッセ。12年前のトライアウトを思い出します。#楽しむ

@kskgroup2017 @MijnVitesse グッドラック、圭佑!

イタリアで所属していたACミランがラブコールを送った。

・このツイートをマスコミは一斉報道

1 2