1. まとめトップ

男性ホルモンは『ハゲ』の原因になりますか?

『男性ホルモンが多いとハゲる』はウソ?ホント?男性ホルモン増加はハゲを進行させてしまうのでしょうか。

更新日: 2019年11月18日

1 お気に入り 1673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

男性ホルモンがハゲる原因と言われている理由

なぜ、筋トレがAGAを進行させるといわれているのかといえば、「筋トレが男性ホルモンを増加させる」からで、AGAとは「男性ホルモンつながり」が起因になっているようです。

筋トレがAGAを進行させる、ハゲの原因となる……これらのエビデンスを示す研究論文は現在のところ見当たらず、都市伝説ともいわれています。

・男性らしい骨格
・体毛などの成長
・筋肉量の増大
・男性器の発達
・性欲向上
・記憶力・集中力向上
・モチベーションアップ
・健康増進
・精神を安定に保つ

男性ホルモンといえば『テストステロン』

男性ホルモンの大半を占めているのが、『テストステロン』と呼ばれる男性ホルモンです。

ハゲる原因はテストステロンではない

ハゲの真の原因はただの男性ホルモンではなくそこから変異したDHTなので、いくら男性ホルモンが増えたとしても5αリダクターゼの働きが弱ければハゲにくいことに変わりはありません。

ハゲる原因はテストステロンではなく『DHT』だった!

AGAの原因物質はテストステロンではなく、DHTなのです。

『テストステロン』と『5αリダクターゼ』の結びつきが『DHT』に変化する

テストステロンが体内で『5αリダクターゼ』という酵素と結びつき、髪の成長を抑制する『DHT(ジヒドロテストステロン)』という物質に変化すると、薄毛を進行させます。

『DHT』はヘアサイクルを乱す

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

図のように毛包は、成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2~6年間続きます。しかしAGA(エージーエー)の人は成長期が短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。

『DHT』は脱毛の司令塔

このDHTは男性ホルモンの受容体である「アンドロゲンレセプター」と結合すると脱毛指令を発生してしまい、髪の毛のヘアサイクルを乱すことになってしまうのです。

▼薄毛治療ができるクリニック

男性の3人に1人が薄毛治療に興味あり

ここ数年、AGAというワードが広く拡散しつつあるためか、約3人にひとりの男性(37.0%)がAGA治療に興味を持っていることが判明した。

 一方で、興味を持ちつつも専門医の門を叩くことに不安や抵抗を抱えている人が59.0%と6割近くいることも分かった。

薄毛治療は早ければ早い方がいい

治療が効果的なのは、薄くなり始めた時期ですね。時間が経ちすぎると、髪の毛の再生能力が弱まって反応しづらくなってきます。

▼薄毛治療に効果的な薬

男性ホルモンではなく5αリダクターゼを抑える!

男性ホルモンがDHTへと変化してしまうのであればそもそも男性ホルモンを発生させなければ良いのでは?という考えに至る人もいますが、男性ホルモンは男性にとっては必須なので、極端に減らしてしまうと体調や精神面に大きなダメージを与える事になってしまうので、男性ホルモンを抑制するという試みはあまりおすすめできません。

フィナステリドは、AGAを引き起こす原因である5αリダクターゼ(還元酵素)がDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される活動を阻害する働きを持っており、男性型脱毛症の原因の一つであるDHTの産生を抑制することで、抜け毛を防止します。

フィナステリドは、AGAを引き起こす原因である5αリダクターゼ(還元酵素)がDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される活動を阻害する働きを持っており、男性型脱毛症の原因の一つであるDHTの産生を抑制することで、抜け毛を防止します。

予防するだけでは不十分!育毛促進も必要!

①抜け毛を阻止する。
②育毛促進する。

抜け毛を防ぐだけでは強く健康な髪は生えてきませんし、育毛促進するだけでは抜け毛の進行を止めることはできません。抜け毛対策と育毛対策を同時に行うことで、AGAの進行を止めることができます。

ツゲインの主成分であるミノキシジルは、直接頭皮に塗布することにより頭皮の毛細血管を拡張し、酸素や栄養が頭皮にいきわたりやすくなり、高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルタブレットの主成分であるミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮の毛細血管を拡張します。
このことにより酸素や栄養が頭皮にいきわたり高い発毛効果が期待できます。

▼薄毛に良い食べ物

髪の毛を作る『たんぱく質』

髪の毛を作る代表的な物質はたんぱく質です。髪の毛の99%はケラチンというたんぱく質からできています。

・ 納豆
・ 豆腐
・ 卵
・ サケ
・ サンマ
・ 鶏肉ささみ

タンパク質の合成をサポートする『亜鉛』

ケラチンの合成をサポートするのがミネラルです。亜鉛ともいいますが、以下のような食材に多く含まれます。

・ 牡蠣
・ いわし
・ ごま
・ わかめ
・ 昆布
・ アーモンド

ストレスを緩和する『ビタミンC』

健康な毛を生やすには、頭皮環境を整えることも大切です。
ストレスホルモンの分泌を促進させてストレスを緩和する働きをするのが、ビタミンCです。
ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれます。

・ ピーマン
・ トマト
・ レモン
・ ブロッコリー

皮脂分泌を抑える『ビタミンB6』

ビタミンB6は、新陳代謝を高め、皮脂の過剰分泌を防いでくれます。

・ のり
・ わかめ
・ チーズ
・ 卵
・ レバー
・ 胚芽米

1