1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼世界で大人気のキャラクター

ミッキーマウスとは、ウォルト・ディズニーとアブ・アイワークスがデザインした黒いネズミのキャラクター。

ミッキーマウスが登場したのは1928年のこと。短編アニメーション『蒸気船ウィリー』がそのはじまりでした。

そしてディズニーを象徴する存在でもあり、ディズニー社のロゴマークにも使われている。

▼そんなミッキーマウスにももちろん著作権はあり

著作権とは、知的創作活動の成果(知的創造物)を内容とする権利のこと。例えば、自分の考えや気持ちを作品として表現したものを「著作物」。著作物を創作した人を「著作者」といいます。

小説や映画、音楽、漫画など、世界にはたくさんの作品があふれています。そのいずれもが、著作権という問題と切り離すことができません。

著作権のある著作物を著作権者の許諾を得ないで無断で利用すれば、著作権侵害となります。

▼そしてミッキーマウスの著作権について・・・

2024年1月以降は「蒸気船ウィリー」に出演している姿をかたどっていれば、ディズニーに許可をとらなくてもミッキーマウスのキャラクターグッズを作成することは著作権法上問題はありません。

それでもこうした作品を新たに配信したりDVDを販売したりするのはもちろん、オリジナル・ミッキーに基づく二次創作やその商品化なども広く自由になる。まさにミッキー自由化だ。

▼これってすごい事じゃないですか?

世界でのキャラクター収入が年間5000億円とも言われる(ロイター2016年報道)超人気キャラの権利が切れるとなれば、キャラクタービジネス界を揺るがす大事件。

キャラクターの使用権を認める代わりにライセンス料を得るというビジネスモデル。最近では当たり前のようですが、実はこれを生み出したのは他でもないディズニー社なんです。

ミッキーがドメインフリーになるの?? ある意味コレって大変じゃ無い?? ミッキーマウスの著作権が2023年終了 喜べない日本の複雑な事情(日経クロストレンド) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

ミッキーの著作権がなくなる?! ミッキーマウスの著作権が2023年終了 喜べない日本の複雑な事情(日経クロストレンド) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

や、ややこしや…。 とりあえずわかったことは2023年にパブリックドメインとなったミッキーフィーバーが起きるであろうこと。 「ミッキーマウスの著作権保護期間 ~史上最大キャラクターの日本での保護は 2020年5月で終わるのか。2052年まで続くのか~」 kottolaw.com/column/190913.…

▼しかし知っておいて欲しいのは

第一に、著作権が切れるのはオリジナル・ミッキーや初期映像だけだ。その後の映像は今後順次切れて行くし、最近のデザインのミッキーなどは(法的には二次的著作物とみなすので)それ自体はまだまだ切れない。

1 2