1. まとめトップ

将棋を始めたい人へ!将棋の基本情報まとめ

藤井聡太くんがブームですね。

更新日: 2019年11月03日

1 お気に入り 346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

将棋の基本情報をまとめました。

リックーさん

■将棋とは?

将棋(しょうぎ)は、2人で行うボードゲーム(盤上遊戯)の一種で、一般に「将棋」というときは特に本項で述べる本将棋(ほんしょうぎ、古将棋や現代の変形将棋類、変則将棋などと区別するための名称)を指す。

将棋盤は9×9の81マスからなり、タテの並びを「列」、横の並びを「段」といいます。

『レジャー白書』によると将棋人口は推定530万人である。

■将棋のルールは?

将棋は二人でするゲームです。相手の玉を先につかまえると「勝ち」になります。

将棋の駒は玉将(玉)及び王将(王)、飛車(飛)、角行(角)、金将(金)、銀将(銀)、桂馬(桂)、香車(香)、歩兵(歩)の8種類であり、それぞれ動ける範囲が決まっている。

お互いに駒を1ターンずつ動かして相手の王(玉)を狙います。

■プロ棋士って?

棋士(きし)は、将棋用語としては俗に「将棋指し」・「プロ棋士」ともいい、本将棋を職業(専業)とする人のこと。現代では日本将棋連盟に所属し、棋戦に参加する者を指す

新進棋士奨励会に入会してプロ棋士を目指す。三段に上がると、半年に1期(1回)行われる三段リーグに入り、所定の成績を収めると、四段の棋士(プロ)となる。

日本将棋連盟は各種アマチュア大会に出場するアマチュア(愛棋家)のことを「アマチュア棋士」ではなく「選手」と呼んでいる。

つまり奨励会を突破していない一般の人は厳密には(棋士)ではないと言うことですね。

■とりあえず将棋を指したい!

とりあえず将棋を指したい人にはネット将棋がおすすめです!

将棋は五目並べやババ抜きのようにルールが簡単ではない上に、守るべきマナーも多いので初心者にとっては入り口のハードルが高いゲームです。しかし、ネット将棋はそういった敷居の高さを和らげるのに打ってつけのツールなので、個人的には積極的に利用してもらいたいです。

実際に人と対面して指すリアル将棋はネット将棋には無い臨場感があり、はっきり申し上げるとリアル将棋の方が遥かに楽しいと思います。

おすすめのネット将棋アプリ

将棋倶楽部24。将棋倶楽部24は公式の日本将棋連盟が運営するサービスですレーティングによる客観的な棋力評価があり、実力を正確に図ることができます。 将棋倶楽部24のレベルは相当高いです。プロ棋士もたくさんやっています。

将棋クエストは無料でオンライン対局し放題の将棋アプリです。またレーティング制を採用しているのが特徴です。実際の棋力より少し高めにレーティングが出やすいです。

将棋ウォーズ(しょうぎウォーズ)は、HEROZが運営する将棋アプリです。コンピュータ将棋ソフトウェア・Ponanzaによる代打ちや棋譜解析を特徴です。利用者数は公称120万人!!とされています。

1

関連まとめ