首里城は1429年から450年間にわたって栄えた琉球王国の歴史を象徴する城で、城内には中国や日本の建築文化の影響を受けた正殿や北殿、南殿などがあり、74年前の沖縄戦で焼失。

出典「“英知の結集”が一瞬のうちに炎に…」450年の琉球王国の象徴、首里城焼失で言葉を失う沖縄の人々 - FNN.jpプライムオンライン

前へ 次へ