1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ラガモさん

1月6日スタート、2019年のNHK大河ドラマ

日本人としてオリンピックに初参加した金栗四三と、1964年の東京オリンピックを誘致した田畑政治の人生を描く本作。

同作は、宮藤官九郎が脚本を務め、中村勘九郎と阿部サダヲのW主演で描く日本のスポーツの歴史物語。

1912年のストックホルムオリンピックから、1964年に東京オリンピックが開催されるまでを、明治、大正、昭和を生きた落語家・古今亭志ん生が落語「東京オリムピック」として振り返っていく形で物語が展開する。

そんななか、たびたび起こる出演者の問題

たとえば、足袋屋「播磨屋」の主人・黒坂辛作役

電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者が12日、コカイン若干量を使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。

瀧容疑者は主人公・金栗四三(中村勘九郎)にマラソン用の足袋を提供する足袋屋「播磨屋」の主人・黒坂辛作役。

第二部の主人公、田畑政治(たばた・まさじ)役

阿部サダヲ(49)が、10月16日に東京都渋谷区内で乗用車を運転中に、自営業の20代男性のワゴン車と接触事故を起こしていた

大手新聞社で政治記者として働く一方、日本水泳の未来を切り開き、1932年のロサンゼルスオリンピックの水泳総監督を務める。

さらに政治記者のコネクションを利用し、日本のスポーツ向上に熱意を燃やし、1964年の東京オリンピック招致に向け奔走する人物だ。

女子バレーボール日本代表監督を務めた大松博文役

徳井は、1964年東京五輪でバレーボール女子日本代表の監督を務めた大松博文氏役で「いだてん」に出演。

チュートリアル・徳井義実(44)が、東京国税局から申告漏れを指摘された問題を受けて再編集を施したため。

元バレー部徳井氏の東洋の魔女バレーボール大松監督役と、キャプテン役のふくちゃん安藤サクラ氏のバレーボールのシーンめっちや楽しみにしてたんですけど… 明日の放送どーすんだ? ここ絶対観たいんだよ… #いだてん pic.twitter.com/IxwyclOSH1

そんなこともあってか、視聴率は低迷気味

ラグビーW杯の「日本VS.スコットランド」の裏にあたってしまった10月13日放送の第39話で3.7%という、史上最低視聴率を叩き出してしまった。

1 2