1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

ラガモさん

2019ラグビーワールドカップは、南アフリカが優勝

#RWCFinal ノーサイド❗ 12-32 ラグビーワールドカップ2019日本大会の王者は南アフリカ代表 2007年大会以来の史上3度目の優勝を決めました #RWC2019 #ENGvRSA #RWC横浜 #WebbEllisCup pic.twitter.com/mUtu0dtVnV

ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会は最終日の2日、横浜・日産スタジアムで決勝が行われ、

南アフリカ(世界ランキング3位)がイングランド(同1位)を32―12で破り、2007年の第6回大会以来3大会ぶり3回目の優勝を果たした。

3回目の優勝は、ニュージーランドと並んでワールドカップで最多となります

差別超えて…代表初の黒人キャプテンとなった

黒人選手がスプリングボクス(Springboks、南アフリカ代表の愛称)の主将になるのは史上初。

アパルトヘイト(人種隔離)政策が取られていた南アフリカの代表はかつて、白人選手のみで編成されていた。

スプリングボクスは「スポーツウェアを着た差別」と呼ばれ、グリーンとゴールドの代表ジャージーや胸のスプリングボク(南部アフリカに生息するガゼルに似た動物)のエンブレムはアパルトヘイトの象徴だった。

黒人など非白人はスプリングボクスを忌み嫌い、国際試合では常に対戦相手を応援した。

1995年W杯でネルソン・マンデラ大統領の支援を受け、「ワンチーム・ワンカントリー」を掲げたスプリングボクス(南アフリカ代表チームの愛称)が優勝。

今ではチーム内の黒人選手も増え、広く国民から支持されるチームに

ネットからは、南アフリカの優勝を祝福する声

南アフリカ対イングランドは32-12で試合終了です‼️ ラグビーワールドカップ2019の優勝は南アフリカに決まりましたボッカおめでとう㊗️

南アフリカ優勝おめでとう!インタビューの最初の一言目が双方ともに相手への賛辞であったのがラグビーというスポーツの素晴らしさを表しているように思えた。選手の皆さん、本当にお疲れ様でした&そしてありがとう! #RWCFinal2019

速報 ラグビーW杯決勝 南アフリカ3大会ぶり3度目の優勝 おめでとう㊗️ございます。 日本チームの対戦相手が優勝しましたね。なぜか嬉しい pic.twitter.com/TGrUtSir0x

ラグビーW杯 南アフリカ優勝おめでとう㊗️本当に強かったです。素晴らしい試合でした‼️ #ラグビーW杯 pic.twitter.com/OnD0vznt12

そんな南アフリカ代表のウエアを手がけているのはアシックス

\新年・初豆知識/ あけましておめでとうございます! アシックスのロゴは、ASICSの「a」をスパイラルのモチーフとし、 ・スポーツが持つ限りないスピード感 ・躍動感 ・無限の可能性 を視覚化したものです。 次にロゴを見かけたら、ぜひ思い出してみてください。 本年もよろしくお願いします! pic.twitter.com/n80ewik2yP

同社は2014年に南アラグビー協会と公式サプライヤー契約を締結。ウエアの上下やソックスなどを提供している。

自国開催だった1995年の優勝時の色を再現した緑のウエアには、相手につかまれにくく、ボールを抱えやすいなど随所に工夫を施した。

ボールが滑らないよう凹凸状の樹脂プリントを施すなど4年がかりで完成させた。

アシックスのユニフォームに注目するラグビーファンも

日本のスポーツブランド、asicsを身に纏った南アフリカがホスト国を破り、優勝したのは感慨深い

南アフリカのジャージのサプライヤー、アシックスが世界にアピールできた瞬間。

@rugbyworldcupjp 南アフリカのユニフォームがasics使ってくれてた✨やっぱ日本製やな pic.twitter.com/U1dfjR61hl

1 2