1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

現役ソムリエが教える、これからワインを覚えたい人のための楽しい入門書です。

queenanneさん

語れなくてもスーパーで今日の気分と料理に合わせてワインがえらべるようになるレベルまでにはなれます。そしてワインがそんなにむつかしいものではないことを教えてくれます。

ワインが好きで、飲むけれどもなんとなくしかわからない、
品種の名前はわかるようになってきたが、どんな特徴かなんて覚えられない。
でも、少し詳しくなりたい。説明をみてわかるようになりたい!
という感じで買いました。
本当に入門編です。
それぞれのぶどう(品種)が特徴を良く表したキャラクターになっており、何度も出てくるので覚えやすいです。
また、書き手の説明が上手で、易しい、面白い。
DOCの説明は笑っちゃいました。
三文字の英語なんて私もNHKくらしいか思い浮かびません。
これを読んで、また少しワインが好きになりました。買って本当によかったです。

鉄板ですがツボは押さえています。読んでおいて損はないです。

とにかく読みやすく分かりやすい。基本的な知識や情報が上手に整理されており、ワインを選んだり、食事を選んだり、情報を追加収集するときに拠り所として再び開きたくなる。実際のところ、家でワインを開けるときにはこの本を手にとって再読、そして追加でインターネットで調べるのが常となっている。

家で飲むときや友人とワイワイと飲むときはいいけれど、それなりの場所で人と飲むときのシチュエーションやマナーのことをおろそかにしてはいけません。いくらいいワインを知っていても、それなりのマナーが分かっていないとダメです。

マナーとは無縁の生活を送ってきて、先日赤っ恥を書いたので何冊かマナーの指南書を読みました。
この本はその中で最も簡潔にまとめてあり、すぐに実践できるよう書かれています。読者への気遣いを感じる文面も参考になります。

ワイン飲むのは好きですが、赤か白かスパークリングか、甘めのものより辛いとか渋いとかそうゆう系が好み、とゆうこと以外何も分かりません。
ところが本書を読むことでそれとなくイオンに売っているワインが理解出来そうでした!

「ワイン好きに上級も初級もない」楽しく自由な発想でワインを旅したい。ワインについて何も知らなかった私がワインに興味を持った最初の一冊です。

このようなワイン解説本に多い上から目線の物言いではなく、言葉の選び方にとても品があります。それでいて嫌味がありません。特に好感が持てたのは「ワイン好きに上級も初級もない」という意見。専門家以外の人が書いた他のワイン本には「初心者にお勧め」「初心者のうちは」などとあるので読んでいてカチンとくることがあります。田崎氏は専門家なので内容に説得力があって参考になるだけでなく、読み終わった後で益々ワインが飲みたくなるし探求したくなります。

1