1. まとめトップ

【激辛大好き】東京都内で激辛料理を楽しめるお店

辛いもの好きにはたまらない、おいしい激辛料理を食べられるお店で、東京都内の特集です。

更新日: 2019年11月21日

1 お気に入り 411 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

激辛料理、口が痛くなりますが、おいしいです。

moepapaさん

蒙古タンメン中本

辛口ラーメンの聖地とも言われる、おいしい激辛ラーメンメニューが豊富で人気のラーメン屋さんです。チェーン経営やのれん分けで、都内13店舗ほどあります(東京都以外にも)。

蒙古タンメン中本(もうこタンメンなかもと)とは東京都板橋区に本店を構えるラーメンチェーン店。
肉や野菜をスープで煮込みタレを加える「タンメン」を提供している。
蒙古タンメン中本の前身、中国料理中本(ちゅうごくりょうりなかもと)は1968年9月、板橋区に開店した。創業者は中本正(2014年3月6日没)で、屋号は創業者の姓を取ったものである。

創業当初から中本は辛い料理を追求し、他店にはあまり見られないメニューを作り上げた。1998年12月に中本の健康上の理由により一旦は閉店となった。
中本の味に惚れ込んで、20年間も通い続けた常連客の白根誠は中国料理中本を継ぐことを熱望し、中本のもとで修行を始めた。そして2000年、中国料理中本は蒙古タンメン中本として再開した。現在は白根の経営する株式会社誠フードサービスが各店舗を運営している。

特徴は一味唐辛子を大量に加えた激辛スープと太い麺、及び他店にはあまり見られないメニュー名にある。メニューの大半は辛い料理だが、辛いものが苦手な人や家族連れで来店した際に同伴の小さな子でも安心して食べられるように、全く辛くないメニューも少数ながら存在する。また、「北極ラーメン」や「冷し味噌ラーメン」等の極度に辛いメニューには「初めての方はご注意ください」と警告文が併記されている。

池袋の中本で冷やし五目蒙古タンメンを食べました。 中本は1辛〜10辛まであるけど、冷やし蒙古タンメンは8辛です。 確かに辛いけど辛いもの好きだと8辛は少し余裕があるかもしれない。 次は北極(9辛)にチャレンジしよう。 #極辛苦愛 pic.twitter.com/J6axIdCZbP

蒙古タンメン中本の新作出てたから買ってきた。チーズの追撃。あとクロックスのボア付き珍しいから買ったけど雨の日絶対びちょ濡れになるやつやん pic.twitter.com/E7lmzSmqeE

スープカレー SHANTi

札幌、池袋、高田馬場、渋谷、原宿などにある、スープカレーの人気店で、辛さがお店で決めている単位の、ボーガという値で、1~40まで選択でき、40ボーガともなると、メニューに、「間違いなく体に悪いです。最終的には廃人になるか、ダメ人間になります。」とまで書かれているほどの辛さです。

ビンギリ

荻窪にある、激辛の勝浦タンタンメンが評判のお店です。

色以上に刺激的な辛さが話題となっていますが、そのうまさも秀逸と、人気を呼んでいます。

ビンギリの勝浦坦々麺とか、火じゃないくらい辛くて死ぬかと思った

龍門 目黒店

1 2