1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一般男性は経産省の局長!元アイドル菊池桃子が結婚した男性とは?

一般男性は経済産業省の新原浩朗局長。菊池さんとは「一億総活躍国民会議」で知り合い、今年から結婚を前提に交際していた。

更新日: 2019年11月05日

3 お気に入り 18992 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

菊池桃子が一般男性との結婚をブログで報告した

「この度、暦の佳き日に合わせ、今年に入ってから交際をさせていただいてきた一般の男性と、入籍をいたしましたことをご報告申し上げます」と報告した。

「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で」と子どもたちに背中を押されて結婚を決意。

現在51歳の菊池さんは、「幾つになっても、人間的な成長を目指す前向きで明るい伴侶と共に」とお相手の人柄に触れながら、

「私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります」とコメント。

菊池桃子さんは元アイドルで民間議員も務めた

アイドルとして芸能界入り、デビュー曲は1984年(15歳)での「青春のいじわる」。デビュー曲から7作連続でオリコン1位を記録した。

菊池は1995年5月にプロゴルファーの西川哲と結婚し、翌96年に長男、2001年に長女を出産。

菊池桃子さんが政府の目玉政策のひとつ「一億総活躍国民会議」の民間議員に選ばれた。

2015年に民間議員に就任した。

一般男性は経産省の局長だった

1984年 東京大学経済学部卒業
1992年 米国ミシガン大学大学院経済学博士課程
1984年 通商産業省入省

菊池が民間議員選ばれていた「一億総活躍国民会議」で知り合い、今年から結婚を前提に交際していたという。

新原浩朗は福岡県出身、東京大学経済学部を卒業し、1984年に通商産業省に入省しました。

産業組織課長などを歴任し、2010年には民主党政権で首相秘書官を務めた。2014年からは内閣府大臣官房審議官に。

2011年:資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長
2016年:内閣府製作統括官

新原氏は経産省の先輩で安倍首相の懐刀として知られる今井尚哉首相秘書官とベッタリ。

ともに教育無償化や働き方改革など安倍の肝いり政策を主導した甲斐もあって、昨年7月に経産省に戻り、筆頭格の経済産業政策局長に就いた。

日刊ゲンダイによれば付いたあだ名は「将軍」

再婚を発表された菊池桃子さんのお相手は、経済産業政策局長の新原浩朗氏(にいはらひろあき)さんですね。 福岡県出身、海城高校→84年東大経済学部卒、59歳。菅直人さんの元首相秘書官。 「一億総活躍国民会議」で知り合われたとのこと。 pic.twitter.com/1u5eN2oUSl

新原浩朗さん 霞が関では「結果を出す」官僚との一方「部下を容赦なく怒鳴りつけ、情報管理を徹底する」仕事ぶりで知られ、ついたあだ名は「将軍」(朝日デジタル) 消費税率引き上げに伴う負担軽減策を実質主導。「2%ポイント還元」とか「キャッシュレス化」の案を出した(文芸春秋) へーw

菊池桃子の旦那さんって「キャッシュレス決済時のポイント還元策を柱にした2兆円超の増税対策を仕切った経産省の新原浩朗経済産業政策局長(84年入省)は、“安倍ファースト官僚”の一人です」」そうなのか…。

1 2