1. まとめトップ

GAFAのビジネスモデルってみんな知ってる?世界を牛耳るGAFAに迫る!

GAFAのビジネスモデルを調査してみました。世界にインパクトを与え続けるGAFAの謎を少し垣間見てみましょう!

更新日: 2019年11月05日

2 お気に入り 238 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GAFAのビジネスモデルをたくさんの記事を元にまとめてみました。

crow_t_kさん

<G>グーグル

Googleのビジネスモデルは広告収入

Googleの売上の約9割が広告収入によるものです。
検索エンジンの検索ワードと連動して関連性のある広告を表示させるAdWords広告や、WebサイトやYouTube動画などに設置された広告枠に表示させるAdSence広告があります。

インターネット業界で事業を展開する企業の多くが「マネタイズ(収益化)」に苦心しています。その多くは「広告」型のビジネスモデルで、Googleも同様です。つまり、検索と連動して画面に表示される広告が収益源になります。

<A>アップル

←これではないですね笑

AppleはiPhoneやMacをはじめとしたハードウェアがメイン

Appleは、Macintoshというコンピュータからスタートしたメーカーです。しかし、他のメーカーに対する優位性は、ハードウェアとOS(MacOS)を一貫して独自開発している点です。つまり、ハードウェアの特性を最大限に引き出すOSを開発することで独自のポジションを確立してきました。

1点目、ハードウェア(iphone Mac等)販売ビジネスである事。
2点目、アップル独自のソフトウェア(app store)がアップル独自のハードウェア(iphone Mac)でしか使えないという事。
ハードウェアの売上を第一に考えているのが稼ぐ種となっているのですね。

<F>フェイスブック

皆さんの多くはFacebookを利用されているのでは!

Facebookも主なビジネスモデルは広告収入

Facebookの売り上げのほとんどが広告収入です。世界20億人に対して、詳細なターゲティングで広告を出すことが出来るのが強みです。

フェイスブックの売り上げの99%が、広告関連からもたらされている。同社はSNSの機能を拡張してユーザーを増やし、それを広告収入につなげてきた。

<A>アマゾン

皆さん一度は使ったことがあるであろうAmazon。
Amazonは便利すぎて、もはやなくなった世界を想像できません…

Amazonは流通をはじめとして広告、動画、音楽、クラウドなどありとあらゆるものに手を出していますね!

アマゾンのビジネスモデルは「商品を仕入れてそれをネット売る」という一見なんてことのないものです。

現在のアマゾンは事業を多角化した巨大企業で、複数の大きな収入源を持つ。マーケットプレイスの販売手数料のほか、「プライム」などの有料会員サービス、広告、そして大規模ながら依然として急成長を続ける法人向けクラウドコンピューティング事業などだ。出店業者の販売を含め、その大半はアマゾン自身の商品販売よりはるかに大幅な利益率を誇る

★まとめ★

やはりIT企業ということで広告収入が多いようですね!普段、私たちが何気に見ている広告がこれらの大企業のビジネスを支えている。

1