1. まとめトップ

「負のオーラがある人」とへの対処法やうまく付き合う方法とは?

出来れば使いたくない…負のオーラがある人に対して誰しも思うことでしょう。何せネガティブな感情やストレスというのは人に伝染しやすく、悪影響を受けやすいからです。それでも職場の同僚など、どうしても最低限の範囲で付き合う必要がある場合、どう対処すればいよいでしょう?

更新日: 2019年11月05日

3 お気に入り 330 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・離れる

あまりにネガティブな空気をもった人と接すると、こちらの気分も影響されます。
負のオーラをまとう人は話していてもネガティブで後ろ向きな発言が多く、こちらの気が滅入る場合も多いでしょう。

・自分への悪影響が少なく、けれど落ち込んでいる様子の場合「もし何かあったら相談してくださいね」と声をかける

これは感情の起伏がひどいタイプの人に使えることなのですが、落ち込んでいる時って誰かに言葉をかけてほしいのが本音です。
いつも暗いのではなく「今日だけ暗い」という人であれば、何かあれば相談してくださいね?と声をかけてあげましょう。

この一言があるかないかで本人の意識って変わると思うんです。
「相談してもいいんだ」と思える安心感を得れるとともに「落ち込んでいるって気づかれているな」と思うこともできるようになりますよね?

いつもいつも落ち込んでいる人にはなかなか声がかけにくいですが、「なんだか今日しんどそうだな」と思う人には一言暖かい言葉をかけてあげてみてください。

・当たり散らされたり愚痴などを聞かされる場合、付き合いは必要最低限にとどめる

自分にとって悪影響な人っていますよね。
例えば、イライラをぶつけてくる人とか、毎回毎回愚痴などを聞かされる人。
そういう人との付き合いは最低限にとどめておきましょう。

正直言って、これからあなたとの関係が良くなる可能性はほぼありません。
本人たちには悪気がないので、「愚痴を聞いてくれる人」といった認識になってしまうんです。
なのでここはキッパリと縁を切れる場合は切る、会社の上司などでなかなか難しい場合は必要最低限にとどめておきましょう。

・親しい人なら一緒に楽しい賑やかな場所へ出かけて、負のオーラの浄化を試みる

負のオーラを感じる人でも、一緒にいれば楽しいのに…と思う人っていると思います。
意外と話してみたらおもしろいな~なんて人っていますよね。

そういう人であれば、一緒に楽しい場所や、落ち着ける場所にでかけ、その人の負のオーラの浄化を試みてあげましょう。

ただ、これは自分から「負のオーラを浄化しに行こうよ」なんて言ってはダメです!
失礼な話になってしまいますからね…。

遊びに誘い、心が落ち着ける場所に行ってゆっくり散歩などを楽しんでみてはいかがでしょうか?♡
そうすることで、お互い心が落ち着くようになると思いますよ。

・親身になりすぎない

身近な人が負のオーラをまといつらい時期を過ごしているときほど、周囲は手を差し伸べたくなるものです。
しかし、うまく対応しないと相手の甘えを引き出し自分の力で負のオーラを断ち切る努力を妨げてしまいます。

自分で決めた生活改善を持続するだけでも大変なことからわかるように、他人のネガティブな感情や乱れた生活を変えることは並大抵のことではありません。

あくまでサポートとして手助けをするように心がけましょう。

・そっと見守る

苦しいときほど、人とのコミュニケーションがつらい場合もあります。
負のオーラをまとう人にとって、他人が負担になる場合はそっと見守ることが大切になるでしょう。

過干渉になりすぎず、相手が手を伸ばしたときに、そっとその手をつかめる状況をキープする見守りの姿勢が大切です。

1