1. まとめトップ

行楽の秋!各地の名物駅弁(北関東編)

美味しそうで機会があれば食したい駅弁が各地にありますね!今回は北関東のものを採り上げました。

更新日: 2019年11月11日

2 お気に入り 544 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

●高崎駅

群馬県高崎市の名物というとだるま。それをかたどった容器は非常に有名で、弁当箱そのものも旅の記念になります。新前橋駅でも発売。

群馬県の食材にこだわり陶器のだるまを復活させました

群馬県の山奥で育った岩魚を押し鮨にしました

群馬の高級ニジマス「ギンヒカリ」と「岩魚」を押し寿司にしたお弁当。県内でも希少な「ギンヒカリ」は非常になめらかな舌触りで、ほどよく脂がのっています。

●横川駅

●宇都宮駅

宇都宮駅は、日本国有鉄道の駅構内販売機関自らの沿革において「地元業者『白木屋』がホームで発売したおにぎりが最初の駅弁である」「駅弁発祥の地」とされている

とちぎ霧降高原牛、栃木特産かんぴょう、日光ゆば等、地元の食材にこだわりました。

玄米を使ったいなり寿司。ひじき、かんぴょうなども入っていて、案外ボリュームがあるのに驚かされます。

日光山に伝わる古い儀式「強飯式」にちなんだ「強めし(五目おこわ)」のお弁当。二段重ねで壱の段にはおこわと白飯、弐の段にはかんぴょう・鹿沼こんにゃく・日光ゆば・霧降高原豚といった栃木の名物が並びます。煮物が多いヘルシーなお弁当です。

駅弁発祥の地宇都宮で、半世紀以上の伝統を持つ駅弁。地鶏「いっこく野州どり」使用の鶏そぼろや鶏もも焼に加え、さらにつくね(非常に柔らかい!)も追加され進化中。そぼろ用にスプーンが付属する気配りもうれしい。

しめじ・シイタケ・細竹・ふきのとうなど山菜尽くしのお弁当。肉の代わりに「グルテンミート」という植物性たんぱく食品が入っており、ヘルシーな菜食弁当としてのこだわりが光ります。

駅弁発祥の地宇都宮の釜めしは、茶飯の上に野州どりの照り焼きにエビも載った豪華版!ふきのとう・たけのこといった山の幸や、栃木名物かんぴょうの素朴な味わいが、旅の風情をかきたてます

2段重ねで緑色の風呂敷に包まれた様が日光杉並木の杉の木をイメージさせるお弁当。上段は栃木名物ゆば・かんぴょうに小エビの唐揚げなど、下段は五目ご飯。

●勝田駅

大洗名物の釜揚げしらすをご飯にたっぷり乗せ、明太子や海苔とわかめの佃煮など、ご飯が進むおかずとひとまとめにした駅弁。

●水戸駅

出典i1.wp.com

一段目には、松茸ご飯と鮭・いくらを散りばめた親子ちらしの2種類のご飯の詰め合わせ、二段目には、茨城名物あんこうを使った唐揚げ、納豆の春巻きなど、茨城や水戸の名産品が入った郷土色豊かなお弁当となっています。

1 2