1. まとめトップ

行楽の秋!各地の名物駅弁(岩手・秋田・青森編)

今回も各地の名物駅弁を採り上げます。

更新日: 2019年11月11日

1 お気に入り 890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

●一ノ関駅

お堂を模した五角形の中にウニと栗と玉子焼を敷き詰めて「金色堂」を表現した世界文化遺産駅弁。お堂の地下にはアワビ・エビなどの宝物が納められています。

鮭カツ、鷄照焼き、煮物、が主体で擂り身揚げやポテトサラダ、高野豆腐などが入ってます。ご飯はくるみ飯とゆかり飯。鮭カツはほぐし身をメンチカツみたいに揚げたもの。

●新花巻駅

駅構内の売店「イーハトーブの里 新花巻店」にて販売

●久慈駅

●盛岡駅

ウェルネス伯養軒と日本レストランエンタプライズ (NRE) が販売している。

鰊甘露煮・昔豆腐の田楽・舞茸の天麩羅・帆立時雨煮・筍煮・うど味噌漬など、どれも上品で味わい深い逸品です。

南部の名産「南部鼻曲がり鮭」の塩焼きといくらを使った親子わっぱめし。

●二戸駅

なにゃーと物産センター」で販売

●大館駅

「鶏めし」は「東の大館・西の折尾」とも呼ばれ、福岡県北九州市の折尾駅で販売されているかしわめしと並び称される。1996年頃までホームでの立売が行われていた。
当駅7時 - 19時発着の列車に限り、前日までに花善本店に予約すると、下車しなくても駅構内(乗車口デッキ)で購入できる。
大館駅構内以外では、花善本店や秋田県内のスーパー、秋田駅中央改札前NEWDAYSなどでも販売している。

●秋田駅

比内地鶏の鶏ガラスープ・白神の塩を使用して炊き込んだあきたこまち米の上に、比内地鶏肉煮・舞茸煮・白神あわび茸・ハタハタうま煮・しじみ佃煮などをのせた沿線の名産品が詰まった駅弁です。

1 2 3