1. まとめトップ

行楽の秋!各地の名物駅弁(北海道編)

このシリーズも最後になりました。今回は北海道の駅弁を採り上げます。

更新日: 2019年11月12日

1 お気に入り 614 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

●函館駅

酢飯の上に、数の子、いくら、ほたて、うに、〆鮭、〆鯖など海の幸がのったちらし寿司。

北海道新幹線開業を記念として発売。新幹線車両H5系の色合いに限りなく近づけた容器に、新幹線路線の地域の食(ななつぼし・いかの旨み焼き・いくら醤油漬・ほたての燻製・たこのやわらか煮・はこだて和牛しぐれ煮、そぼろ・鮭のたたき・花ちらしれんこん・きぬさや)を盛り込んだ見た目も鮮やかなお弁当。7つのメイン食材はすべて北海道産を使用。

●新函館北斗駅

北海道産米で炊き上げたごはんに、ニシンの甘露煮、味付け数の子、帆立煮、肉じゃがコロッケ、イカしゅうまい、焼き紅鮭、筋子と、これでもかというくらいに北海道の味覚が勢ぞろいしていて良心的です

●森駅

阿部商店の「いかめし」が駅前の「柴田商店」で売られている。現在駅構内では発売されていない。

●長万部駅

●小樽駅

●洞爺駅

ここには、洞爺駅立売商会さんが製造する駅弁が売られています。乗降客数が恐らく1000人には遠く及ばないような小さな駅で、このようなところに駅弁があって、しかも通常は合計6種類の駅弁が売られているのは、ほとんど奇跡としか言いようがありません。

白飯の上に、ウニ、イクラ、帆立、蟹の海鮮4種が贅沢に盛り付けられています。脇の部分には錦糸卵、お新香、茎わかめが添えられています。

「洞爺の」と付くのは、苫小牧駅や南千歳駅にもほっきめしが存在していますので、それと区別するためでしょうか。

交流センターの1階が洞爺駅の待合室になっていて、そこで駅弁が売られます。

●苫小牧駅

見た目が地味ですが貝を刻みこんだ炊き込み御飯の旨みが濃厚!

●東室蘭駅

東室蘭駅で駅弁が売られている場所です。丸印の改札口に対して、矢印の場所にあるキヨスク売店に、それは置いてあります。(キヨスクは改札の外にあります)

ホタテ飯自体、この駅弁を製造している噴火湾食品さんの自信作で、道の駅などで売られている商品です。

そのホタテ飯と共に、北海道らしく豚丼を組み合わせて、東室蘭駅専用の弁当にしているのです。これはもう、東室蘭の駅弁と言って良いでしょう。

1 2 3 4