1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

暴力団の稼ぎを超えた…「半グレ」の勢いが増しているワケ

暴力団の稼ぎを超えたとされる半グレ集団の実情についてまとめます。

更新日: 2019年11月06日

20 お気に入り 75380 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■半グレ集団

暴走族の元メンバーやその遊び仲間らが離合集散しながら、ネットワークでつながったグループ

語源は「グレる」の“グレ”であり「愚連隊」の“グレ”であり、また黒と白の中間にあたる灰色の“グレー”、「グレーゾーン」の“グレ”

暴力団には所属せず、犯罪を繰り返す集団のこと。警察庁は「治安を脅かす新たな反社会勢力」と位置づけている

■連日のように紙面を賑わせている

警察によると、菅野容疑者らは今年6月、大阪市鶴見区の集合住宅の敷地内で10代の少年に殴るなどの暴行を加え、全治16日のケガをさせた疑い

”半グレ”グループのひとつ、「アビス」の事件です。

テポドンは8月上旬に“保健所に無届け”で大阪市中央区内において飲食店を経営し、ホルモン焼きを提供した容疑で送検

テポドン=半グレ集団「拳月(けんむん)グループ」の幹部

“平成の3億円”事件とも称された、博多7億円金塊強奪事件。この事件には様々な謎が残されていた

■この間も暴行して殺人未遂を起こすという事件が

金銭トラブルになった男性に暴行を加えたとして、半グレ集団の花岡瑞樹(24)、新里隆明(23)、林隼人(21)、久保田匠(21)、大口純(22)ら11容疑者が10月30日、殺人未遂と監禁の疑いで兵庫県警捜査1課に逮捕

知人の無職男性(22)=大阪府池田市=を自動車ではね、バールのような物などで両足を殴り、車のトランクに押し込んで約3時間監禁。

花岡容疑者らは男性2人のうち1人について暴行を加えたあと、車のトランクに押し込み、約2時間半にわたって監禁した疑いももたれています

■その半グレの稼ぎが暴力団を超えたという話も

新シノギによる稼ぎ額は、ヤクザ、暴力団が伝統的に行なっている覚せい剤の密売、各種の賭博開帳、恐喝、管理売春などの総額より多い

振り込め詐欺や闇金融のほか、貧困ビジネス、解体工事や産廃の運搬業、クラブや芸能プロダクションの経営、ならびに出会い系サイトの運営などが大抵のメンバーのいわゆる「シノギ」

2016年5月に全国のコンビニのATMで、一斉に18億6千万円を不正に引き出した事件の主犯格として福岡県警に、今年2月に逮捕された井上勇容疑者も暴力団には属さずに、準暴力団の元関東連合のメンバー

■社会に隠れて大金を得ようとする集団

半グレは凶悪犯罪をあまり手掛けず、詐欺などの経済犯罪を専門にしながらも、とにかく世間に隠れて犯罪をシノギとする「アングラ」の存在

国民のこうむる被害額はヤクザより、むしろ半グレによるもののほうが多いのではと疑われる。

大半は暴力団と距離を置いているため、暴力団対策法の規制を受ける暴力団とは違い、有効な法規制を受けない状況となっている

■暴対法により暴力団は減少したが、新たな勢力が出てきたといえる

暴対法・暴廃条例など、警察の取締りの強化によって用心棒代などの従来型の資金源を断たれ、生活費にも困窮した暴力団

暴対法・暴排条例で暴力団、つまりヤクザを締めあげたことが遠因にあり、よりグレーな存在である半グレの跋扈を許した……とも言える

暴力団は衰退傾向にある。暴力団を取材し続ける溝口敦氏は『ヤクザ崩壊 半グレ勃興』(講談社+α文庫)でヤクザの衰退・苦境と、新たなグレーゾーンビジネスの担い手として「半グレ」が勃興しつつある

1 2