1. まとめトップ

栄養士のやりがいは?実際に働いている人のインタビューを紹介!

栄養士のお仕事にはどのようなやりがいがあるのか、実際に働いている人のインタビューと併せて様々な点をチェックしてみました。これから栄養士にと考えている人にとっては内容の濃いものとなっているはずです。

更新日: 2019年11月07日

3 お気に入り 474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ni066juさん

■栄養士のやりがい

栄養士のやりがいについていろいろとチェックしてみました。

このようなやりがいが挙げられています。

医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などの医療スタッフと栄養士や管理栄養士でチームを構成し、患者さんの治療にあたるのです。

個室のカウンセリングブースが10部屋あり、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、そして管理栄養士も配属されています。

このように、やりがいは多々あります。

■栄養士になるためには?

栄養士になるためには何が必要なのかについてチェックしてみました。

大学や短大、専門学校などの栄養士養成施設で2年以上栄養士として必要な知識および技能を修得し、都道府県知事に申請することで交付されます。

栄養士になるには、「栄養士養成施設」を卒業し、国家資格である「栄養士資格」を取得する必要があります。

栄養士として働くためには、「栄養士」の資格を取得する必要があります。

このような形で栄養士になれます。

栄養士になるには、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定認可された学校(昼間部のみ)に入学し、その課程を履修して卒業しなければなりません。

高校卒業後、管理栄養士養成課程もしくは栄養士養成課程のある大学、短期大学、専門学校に入学し、所定の専門課程を修得して卒業することが必要です。

何となく分かっていただけたのではないでしょうか。

■実際に栄養士として働いている人にインタビュー!

実際に栄養士として働いている人にインタビューしてみました。

社員食堂に勤める栄養士の仕事は、健康に配慮したメニューの作成から料理の提供です。また、従業員に対しての栄養指導も行います。

栄養管理計画書の作成は毎日やってました。
午前中に入院患者さんから栄養指導の予約が入っていたら、作成を中断して対応してましたが、基本的に毎日です。

充実している声が多々聞こえてきます。

■「食」で大勢の人を支える栄養士はやりがいのある仕事!

栄養士はやりがいのある仕事だと分かるのではないでしょうか。

1 2