1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

この人好きです。とりあえず読んで下さい。

リックーさん

主人公の青年がガールフレンドと北海道に羊を探しに行く物語。

文芸誌『群像』1982年8月号に掲載され、同年10月13日に講談社より単行本化された。表紙の絵は佐々木マキ。「鼠三部作」の3作目である。1985年10月8日に講談社文庫として上下二分冊で文庫化され、2004年11月16日には文庫版の改訂版が出版された。本書により村上は第4回野間文芸新人賞(1982年)を受賞した。また、1991年にフランス語訳版『La Course au mouton sauvage』を翻訳した功績により、パトリック・ドゥヴォスが第2回野間文芸翻訳賞を受賞した。

中学生と老人のダブル主人公でそれぞれが特殊な環境に置かれています。

村上春樹氏が書いた、10作目の長編小説です。フランツ・カフカの思想的影響を受けながら、ギリシャ悲劇と日本の古典文学を下敷きにした長編小説として、世界中で高く評価されています。本作は、多様な解釈が許されるようにストーリーが展開しているので、作者である村上春樹自身も読者それぞれの解釈を重視した作品となっています。

騎士団長殺しという一つの絵を見つけた青年にまつわる不思議な物語。

全2巻で第1部「顕れるイデア編」と第2部「遷ろうメタファー編」に分かれている。初版部数は2巻合わせて130万部で、一部の書店では午前0時から販売を開始した。2010年の『1Q84 BOOK3』から7年ぶりの長編作品になる。

ノルウェイの森っていう曲と大学で無意味な授業に退屈している青年の数奇な物語。

単行本の発行部数は、2008年時点で上巻が238万部、下巻が211万部の計449万部、2009年8月5日時点で上下巻あわせて454万4400部。単行本・文庫本などを含めた日本における発行部数は2008年時点で計878万部、2009年8月5日時点の増刷で1000万3400部となり、国内累計発行部数は1000万部を突破した。村上人気が高い中国でも100万部以上が出版されている。

上巻は、片山恭一の『世界の中心で、愛をさけぶ』に抜かれるまで、日本における小説単行本の発行部数歴代1位であった。

多崎つくるを入れた五人組のグループがあって、多崎つくるにグループのうちの一人をレイプした疑いがかけられます。

発売日である2013年4月12日には、東京都内の深夜営業の本屋では午前0時からの販売開始に150人以上列を作った本屋もあった。発売後7日で部数が8刷100万部を突破した。そしてトーハン発表の「2013年年間ベストセラー」総合2位を記録した

1

関連まとめ