1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yuakikokaichさん

待ちに待ったWBSSの決勝戦が11月7日18:30ゴング開始!!!

注目:世界中が注目する真のバンタム級世界一を決めるWBSS決勝戦が日本で開催! 日本ボクシング界の至宝モンスター井上尚弥は準々決勝、準決勝の2試合を合計わずか3ラウンドで終わらせ圧倒的な強さで勝ち上がってきた。対する元5階級制覇王者のドネアも連続KOでコマを進めバンタム級ナンバーワンを証明するのに相応しい相手と言える。井上はツイッターで「歴史的瞬間を見届けてくれ」とコメント。初回からまったく目の離せない高レベルの攻防が繰り広げられるだろう。さいたまスーパーアリーナで歴史の扉が開く!

井上尚弥とは?

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。

第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBA・IBF世界バンタム級統一王者。世界3階級制覇王者。アマチュア時代には、日本ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得し、プロ転向後も8戦目での2階級制覇は国内最速記録(ワシル・ロマチェンコの世界最速となるプロ7戦目に次ぐ記録

強すぎるが故に愛称は・・・・モンスター!!!!

ボクシングに打ち込んだ井上が、その実力を世間に知らしめるようになるのは高校生になってからだ。国内の大会を総なめにする勢いで勝利を重ね、3年生で成年(シニア)部門の日本代表に選ばれて、アマチュアの最高峰である世界選手権にまで出場した。

18歳で“怪物”のニックネームを引っ提げてプロデビューした後は、4戦目で日本チャンピオン、5戦目での東洋太平洋チャンピオン、さらには当時の日本最速記録となる6戦目で世界タイトルを獲得した。その後も連戦連勝で、2階級制覇、3階級制覇と記録を打ち立てていき、「日本ボクシング史上最高の選手」と呼ばれるまでになった。
アマチュアボクシング:81戦 75勝 (48KO/RSC) 6敗
プロボクシング:18戦 18勝 (16KO) 無敗

そのモンスターと決勝で戦う生きる伝説ノニト・ドネアとは?

フィリピン出身のプロボクサー。元IBF世界フライ級王者。元WBA世界スーパーフライ級暫定王者。元WBC・WBO世界バンタム級統一王者。元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBA世界フェザー級スーパー王者。現WBA世界バンタム級スーパー王者。世界5階級制覇王者。アジア人として初めて主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)全てで世界王者となった人物。
アマチュアボクシング:76戦68勝(5KO・RSC)8敗
プロボクシング:45戦40勝(26KO) 5敗

Twitterの反応は?

ついに明日か… マスメディアの嘘偽り関係なく、 日本ボクシング史上、真のパウンドフォーパウンド足り得る井上尚弥選手が伝説になる日。

明日は井上尚弥が世界一になるボクシングあるやんヾ( ゚∀゚)ノ

#スポーツ #相互フォロー 井上尚弥は「フェザー級で戦える」 米リング誌記者、アジア3人目の5階級制覇を予想(THE ANSWER) ift.tt/2CkdPD6

ひと昔前のドネア選手は本当に強くて、〈小さな猛獣〉のようだった。 今でも十分強いとは思うが、 現在の井上尚弥選手は、バンタム級最強最恐のモンスターだ。 5ラウンドまでには圧勝するものと、予想している。 #WBSS

明日の夜は井上尚弥のWBSS決勝じゃんテンション上がる生きる希望ができた!

そもそもWBSSとは?

WBSS(World Boxing Super Series)とは何?
WBSSは、World Boxing Super Series の頭文字をとった略。
「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」ですね。

で、WBSSとは何かをひと言で表すなら、冒頭書いた通り

「世界最強が誰かを決めるタイトル」

となるでしょう。

WBSSが行なわれる背景
ボクシングに詳しい人はおわかりと思いますが、現在のボクシング界はいろんな団体に分かれています。
世界的には、

WBA
WBO
WBC
IBF
が主なところですが、それぞれの団体にチャンピオンやらスーパーチャンピオンみたいなのが存在する。

で、本当に誰が強いのか、正直言ってはっきりとはわからない状態なんですね。
ファンの間には当然、フラストレーションもあるわけです。

WBSSは、そんな不満をスッキリと晴らそう、団体の垣根を越え、トーナメントで雌雄を決しよう、というイベントなんです。

誰が世界一かが、シンプルに決まる。
どっちが強いか、一目瞭然に結果が出る。
これは盛り上がりますよね。

”モンスター”の強さを明日の決勝戦前に改めて振り返ってみましょう!

WBSS準々決勝 井上尚弥 VS パヤノ

WBSS準決勝 井上尚弥 vs エマヌエル・ロドリゲス

世界一になる瞬間が本当に楽しみです!

見事に勝利!!!!

1