1. まとめトップ

また覚醒剤所持で逮捕…田代まさし出演番組の削除に”待った”の声

元タレントのマーシーこと #田代まさし 容疑者が5度目となる覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。薬物依存症について講演したり、YouTubeで発信したりと啓蒙活動を行っていた田代容疑者がまさか…。Twitterでは出演番組の公開削除に反対する声も聞かれました。

更新日: 2019年11月07日

2 お気に入り 1370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

薬物依存の怖さを思い知る逮捕になりそうです。

nyokikeさん

▼元タレントの田代まさし容疑者が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された

ことし8月、宮城県塩釜市で覚醒剤を所持したなどとして、宮城県警察本部は6日、元タレントで団体職員の田代まさし容疑者(63)を覚醒剤取締法違反の疑いで東京都内で逮捕しました。

田代容疑者が泊まっていた塩釜市内の宿泊施設の部屋から覚醒剤が見つかり、届け出を受けた警察が捜査を進めてきました。

そして6日、東京 杉並区の自宅のマンションの敷地内で職務質問をしたところ、覚醒剤を所持していたため逮捕したということです。

2010年に3度目の実刑判決を受け、14年7月に2度目の服役を終えてからは、薬物依存症のリハビリ施設「日本ダルク」に通ってリハビリを続けてきた。

▼これで5度目…Twitterからは田代容疑者や薬物依存に関して様々な声があがりました

国母さんのことも、田代さんのことも、薬物依存は、公衆衛生上の問題としてカウンセリングや治療で臨むのが適切で、刑事上の処置をするのはふさわしくないと思います。脳が依存してしまっている。メディアも、毎回同じように報じるのではなく、考えるきっかけになるような報道をして欲しいと思います。

マーシー、再使用再逮捕。犯罪だから当該行為を非難されるのは仕方ないが、「やっぱりヤク中は・・・」みたいに(ネガティブに)反応されるのがつらいな。精神科医療に携わってる者からすると「今回はだいぶ(非使用期間が)長かったなあ」という印象だし、そう捉えるのが治療的だと思う。

マーシー、今回は頑張ったほうやで…。本人も言ってけど薬物依存は治らない。「一生やめ続けること」、それをやってかなきゃいけない。マラソンみたいなもんなんだよな。

田代まさしを見ていると、覚醒剤の本当の怖さが伝わって来る。彼もダルクで本気で努力していた。それなのにこの始末。脳が覚えた快感を自分の意思ではコントロール出来ないのだ。だから安易に手を出してはいけない。

田代まさし容疑者が覚せい剤所持で捕まった。あきれるよりも、覚せい剤の恐ろしさを再確認する。支援者もたくさんいて、散々世話になって、それでもそれを裏切るほどの強い常用性があるということ。 関係者に聞くとドラッグのターゲットは今は中学生だ。社会全体で意地でも守らないといけない。

▼田代まさし容疑者は再犯防止の活動をしていた

今年も再犯防止シンポジウム2019が開催されます。僕も何回か参加させていただきましたが、本当に今の依存症の全てが参加している専門家の先生たちによって今年も分かってしまいます。今年も僕がお世話になっている先生たちが出ていらっしゃるので期待大です!僕も顔を出しますので是非皆さんも会場へ! pic.twitter.com/e8wGreu82F

田代容疑者はこれまでにも覚醒剤を所持したなどとして、たびたび実刑判決を受け、最近はみずからの体験をもとに薬物依存症の人たちの社会復帰を支援する活動をしていました。

実際、田代は服役中に元夫人と離婚をしたり、有名私立高校に通っていた長男が退学するなど家族にも迷惑をかけている。それだけに“依存症代表”として薬物の危険性をNHKの番組で訴えたのだろうが、放送直後の逮捕によって、図らずも薬物依存の恐ろしさを身をもって示した。

・著書や講演、最近ではユーチューバーとして薬物や刑務所のことを語っていました

▼同じく薬物依存からの復帰を目指している高知東生さんがツイート

マーシーさん…9月に自助グループのコンベンションで会ったのに…逮捕に驚いている。仲間に正直になれなかったのか…プログラムから離れていたのか…。分からないけども、自分は自分のプログラムに真摯に向き合っていこうと思う。マーシーさんがどうあれ、自分は自分。今日1日やれる事をやっていく…

高知氏は2016年9月に覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。現在、薬物依存に関する講演活動などを行っており、今年9月には「依存症予防教育アドバイザー」の資格を取得している。

・身近で苦しんでいる人は相談してみてもいいかも

1 2