1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

この記事は私がまとめました

tonkatudjさん

シュワルツェネッガー氏のスマホケース

アメリカの超人気俳優、アーノルド・シュワルツェネッガー氏のiPhoneケースが面白いと注目が集まっている。

面白いと話題になったケースで、「Arnold’s Official Rocket Launcher Case」として市販されているものなのだが、まさか本人が使ってくれるとは…。

・そのiPhoneケースがこちら

Can someone please make a Resident Evil 1 Jill with Rocket Launcher image so I can have a cool phone case like this!? pic.twitter.com/F5mLJiPtOX

・映画「コマンドー」のシーンだそう

アーノルドが愛用しているのは、『ターミネーター』ではなく、彼の代表作の1つである映画『コマンドー』のワンシーンでの姿をプリントしたスマホケース。

このスマホケースは、各種チャリティ団体への寄付を募る目的でセレブとのコラアイテムを多く発表しているオリジナルグッズ・ブランド、「レプリゼント(Represent)」が22ドル99セント(約2,500円)で販売しているもの。

人工皮膚を使ったスマホケース

【すごい】触ると反応する「皮膚みたいなスマホケース」 news.livedoor.com/article/detail… 「スマホをつねってみたかったから」という動機で開発。人工皮膚で作られており強く握れば怒りを、撫でれば安らぎとして認識される。 pic.twitter.com/IrMxdIHBWn

フランスでテレコム・パリスに務めるマルク・テシエさんとその同僚は、人間の皮膚の質感を真似たスマホ用ケースを開発。

「スキン・オン・インターフェイス」と名付けられた人工皮膚で、ジェスチャーとタッチ入力を理解するようにプログラムされています。

人工皮膚をつねったり、なでたり、押したりしてモバイルデバイスに信号を送り、操作することを可能にしています。

スマホを操作してSNSでコミュニケーションを取る場合でも、“肌の触れ合い”を実現したいというところが、開発動機のようです。

・Twitterの反応

@livedoornews 落として傷とか付いたら常に怒ってる状態になるんかな

@livedoornews つねりたい衝動が分からないけど寝ぼけてスマホ握ってギョッとしそう。

牡蠣フォンケース

石川県七尾市の地方創生の一環として、七尾市の魅力を広めるための「なな推しプロジェクト」を2019年10月29日より始動することを発表いたします。

特設サイトにて、「七尾市の魅力を日常の暮らしの中に」をテーマに七尾市の伝統や特産品を生活者にとって身近な生活道具に変えるアイディア(プロトタイプ)を公開しています。

1 2