1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

tyanndaiさん

北川景子さん主演で映画化

公認心理師の真壁由紀は、父親殺害の容疑をかけられ、「動機はそちらで見つけてください」という発言でメディアを賑わせる女子大生・聖山環菜と面会や手紙のやりとりを重ねていくが、やがて自身と環菜の過去に似たものを感じはじめ、心の奥底にしまった「ある記憶」と向き合うことになるというあらすじ

美容室で自ら最初にはさみを入れたという北川は、「別人になれた気がします。髪を切ったことで、由紀というキャラクターにちゃんとなれた」とコメント

事件の真相が明かされるとき、甘やかなタイトルからは予測できない衝撃のラストが待ち受ける――

夏帆さん×妻夫木聡さんが共演

島本理生の小説を「幼な子われらに生まれ」の三島有紀子が映像化したラブストーリー

2020年2月21日公開

【予告公開】『Red』直木賞作家の“問題作”を映画化、夏帆×妻夫木聡がくり広げる禁断の恋愛 - fashion-press.net/news/53972 pic.twitter.com/SeRu8YNePC

何も問題のない結婚生活を送っていたはずの主人公・村主塔子が、かつて愛した男である鞍田秋彦と再会し、心も体も解放していくさまが描かれる

予告編には、主人公・塔子(夏帆)と、10年ぶりに再会した昔の恋人・鞍田(妻夫木)、塔子の本心を見透かす同僚・小鷹(柄本佑)、塔子に理想を押しつける夫・真(間宮祥太朗)の三者三様の関係を切り取った

大泉洋さん主演

大手出版社「薫風社」を舞台に、専務の改革による雑誌廃刊を防ぐべく、大泉さん演じる速水編集長が新人編集者も巻き込みながら奮闘する物語

大泉洋、松岡茉優、佐藤浩市ら共演 塩田武士『騙し絵の牙』映画化 『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホン #大泉洋 #松岡茉優 #佐藤浩市 cinra.net/news/20191030-… pic.twitter.com/FRPeDyJ0G2

主人公・速水輝役を大泉が務めるほか、速水の策略に巻き込まれていくヒロイン・高野恵役を松岡茉優、ライバルたちを蹴落として改革を断行する出版社重役・東松役を佐藤浩市が、それぞれ演じる

2020年6月公開

佐藤浩市さん主演

ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされた小説を映画化する『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』が2020年冬に東映配給で公開

映画化に連動して、小説のタイトルも『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』へと一新。文庫化された作品も店頭へと並ぶ

原作は、クリスマスイブの東京を舞台に、突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥る日本と、事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑を複数の視点で描いたサスペンス小説

出演者には、佐藤浩市をはじめ、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼らが名を連ねる

1