1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

井上尚弥の最新情報です

Hakkasanさん

井上尚弥

井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。

11月5日、東京・九段下のホテルグランドパレスで催された最終記者会見で、WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)はそう語り残した。その言葉通り、5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と相まみえるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝は、“運命的な戦い”であるとともに、まだ26歳の井上にとっては巨大な“通過点”でもある。この試合はクリアすれば、また新たな世界が視界に入ってくるからだ

11月7日さいたまスーパーアリーナで、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝戦が行われ、 WBA &IBF世界バンタム王者の井上尚弥(26=大橋)が、世界5階級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)と戦う。

前日の計量が行われ、両者共にバンタム級のリミットをパスした。顔合わせのフェイスオフでは両者笑みはなく、緊張が高まった。

ノニト・ドネア

ノニト・ドネア(Nonito Donaire、1982年11月16日 - )は、フィリピン出身のプロボクサー。元IBF世界フライ級王者。元WBA世界スーパーフライ級暫定王者。元WBC・WBO世界バンタム級統一王者。元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBA世界フェザー級スーパー王者。現WBA世界バンタム級スーパー王者。世界5階級制覇王者。アジア人として初めて主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)全てで世界王者となった人物。

私が勝ちますよ。それだけです。勝つことはわかっています。今回の試合には既知感を感じていて、それゆえに自信を持って臨むことができます。人々は今の私はもう全盛期は過ぎたとか、歳をとっているとか、スローダウンしているとか言いますが、実際には今回ほどハードに練習をしたことは過去にもありません。これほど確信を持って戦えるのは、2011年にフェルナンド・モンティエル(メキシコ)に勝って以降では初めてのこと。今の私に勝つのは、誰にとっても難しい。今回の試合は、私がバンタム級戦線のトップに再浮上する一戦になるのです。

ノニト・ドネアといえばボクシングの歴史上たったの7人しか成し遂げていない世界5階級制覇を達成した正真正銘のレジェンドボクサーです。

WBCスーパーバンタム級の世界タイトルを7度も防衛した西岡利晃さんですら、ドネアの前では圧倒的な実力差を見せつけられて9ラウンドで力尽き、引退へと追い込まれました。

井上尚弥が死闘を制しWBSS優勝!

いや~めちゃくちゃ凄い試合だった‼️ ここまで苦しんでる井上選手を見たのは初めてだった‼️ ドネア選手かなり強かったね‼️ それでも勝った井上選手‼️ さすがでした‼️ お疲れ様でした‼️ そして おめでとうございます‼️ #WBSSバンタム級決勝 #井上尚弥

井上勝ったーー!! めちゃくちゃ熱い展開だった!! 感動した!!おめでとう井上選手!! #井上尚弥

新たなバンダム級チャンピオンきたああああああああああああああああああああああああ!! #井上尚弥 #WBSSバンタム級決勝戦

WINNER井上尚弥 おめでとうございます 今夜の試合は((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 弟の分までも✨ #井上尚弥 pic.twitter.com/TFynQHEnsW

よかった すごかった 強かった 。天才、努力の天才 チャンプの中のチャンプ。おめでとう #井上尚弥

井上選手おめでとー! ドネア強すぎ、根性ありすぎ… 史上に残る1戦に違いない #井上尚弥

井上尚弥 優勝ー!! 初めてボクシング見てて泣きそうになった! 井上もすごいけど ドネアすごい 最初は井上のKOを願ってたけど最後の方はどっちも倒れてほしくなかったー 最高の試合でした(T-T) #井上尚弥 #優勝 #ドネア #WBSSバンダム級決勝

いや〜 #井上尚弥 やっぱり強かったぁー さすが‼️勝利おめでとう そして相手も強いしフェアだし好感が持てる人柄で、試合終了直後にハグするなんて、最高の選手でしたね 素晴らしい試合でした! 感動をありがとう pic.twitter.com/WSpgB9uCkZ

1