1. まとめトップ

4人に1人「うちはブラック企業」と回答←じゃあ、75%はホワイト企業?

皆さんが働いている会社はブラック? それともホワイト? ぜひ回答を書いて、この投稿をシェアしてください

更新日: 2019年11月08日

1 お気に入り 1259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

皆さんが働いている会社はブラック? それともホワイト? ぜひ回答を書いて、この投稿をシェアしてください

連合総研が首都圏と関西圏の民間企業で働く2000名(20~64歳の)を対象に行ったアンケート結果によると、

その中でも30代はもっとも自分の会社を「ブラック」と感じている率が高かったのだそう。

特に「有給休暇の取得不可」の違法状態があったと認識している人で、63.4%が「ブラック企業」だと思うと回答

勤め先を「ブラック」だと思う人が、職場について感じていることは、

長時間労働が日常的に行われている

勤め先を「ブラック企業」だと思う正社員は、思わない正社員よりも1週間あたりの平均実労働時間が長く、50時間以上の割合は「思う」正社員の場合、32.0%に達しています。

ここで気になる点は、職場で「仕事により心身の健康を害した人がいる」、「長時間労働が日常的に行われている」と認識はしていても、勤め先をブラック企業だと思わない人が半数以上だったこと。
自分にまだ被害が及んでいないために実感できない、もしくは、長時間労働で健康を壊すのは弱い人、社会人は「耐えてナンボ」、などという価値観も見え隠れしています。

連合シンクタンク2000人アンケート、4人に1人「我が社はブラック企業」。違法・悪質な勤務条件、違法な長時間労働、残業代未払い、パワハラ、高い離職率といった「ブラック企業」のいずれかに当てはまると答えた人は25.8%。男女とも30代が最も高かった。これじゃ生産性も何も。それ以前に労働条件改善

「うち2割強が「すぐにでも転職したい」」→4人に1人「ウチはブラック」 男性正社員の8%「9月100時間超残業」連合総研調査(毎日)bit.ly/2JD69A1

所定外労働が増えるほど「仕事をやりたくないと感じることが多かった」と回答。 家庭生活と自分の健康が犠牲になっていますからねぇ。 「第38回勤労者短観記者レク資料~4人に1人が勤め先を「ブラック企業」と認識、このうち2割強が「すぐにでも転職したい」」 連合総研 rengo-soken.or.jp/about/2019/10/…

現役でブラック企業にいるが30%、過去にいたのも44%。 かなり高めに出たんで正直心配になる数字です (他社アンケートだと4人に1人ぐらいが多い印象) 理由は推測するしかありませんが、仮説としては、 ①厳しい労働条件の会社や業界で働いてるフォロワーさんが多い ②労働者としての権利意識が高い→ pic.twitter.com/0UKrOWIbNr

【ブラック企業にいた頃の思考】 ・自分が不出来だから悪い ・学ばせてもらって感謝だ ・叱られてばかりで申し訳ない ・仕事が多いのは期待されてる ・上司が残ってるのに帰れるわけない ・上司、命令、絶対 ・オレ、ジョウシ、シタガウ 【ブラック企業を辞めた後の思考】 ・全部洗脳やん

ブラック企業経験者が語る、一見ホワイトに見える企業に潜むワナ

対外的なCSRアピールや新制度の導入を強調する企業は危険

外向けにはホワイトっぷりを打ち出し、ブランドイメージをよくすることばかりを考えているのだそう。実際に働いてみると、社員への情報は制限され、情報開示が分かりにくい形でなされれたり、業務理由や社内の雰囲気によって新制度を利用できなかったりすると。(販売・サービス職の30代男性)

「会社はみなさんが1日を過ごすところ。お金をかけました」→毎日深夜まで残業

従業員を気遣っているように聞こえますが、毎日深夜まで残業続きで本当に”1日のほとんど”を会社で過ごす羽目になった(管理・事務職の30代男性)

ブラック企業という汚名を返上しようとする会社とそれに苦しまされる労働者。 ※フィクションです。 pic.twitter.com/IVT5L9onjP

1 2