1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

皆さんは忖度という言葉の正しい意味を知っているでしょうか?忖度そのものを悪いことだと思っている人は少なくないかもしれませんね。言葉の正しい意味で使うと誤解を受ける可能性もあり難しいところです。忖度をする人の正しい意味と誤用されている意味のどちらも覚えておきましょう。

khlwq54170さん

忖度は社会の潤滑油、できるに越したことはない…忖度すらできない人は周囲の迷惑

森友学園問題や加計学園問題における「忖度」疑惑により、死語になりつつあった「忖度」という言葉が一気に国民の注目を浴びることになった。そして、ついに「『現代用語の基礎知識』選 2017ユーキャン新語・流行語大賞」に輝いた。

 国会でも、「忖度」の実態を解明しようとする野党側と、「忖度」などなかったとする政権側との間で、必死の攻防戦が繰り広げられてきたが、真相はなかなか見えてこない。いまだにすべてが藪の中だ。それもそのはず、つかみ所のなさこそが「忖度」の特質なのだ。

「上」の者が命じたのなら、命じた側に責任があるのは明らかだ。だが、「下」の者が「忖度」で動いたとなると、「上」の者の責任とも言えない。では、誰に責任があるのかということで、問題が紛糾する。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/02/post_22267.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

忖度ってダメなの? ~見えないスキル「ポジソン」で組織を動かそう

ちょっと前だろうか、「ダークサイドスキル」(木村尚敬/日本経済新聞出版社)という本が話題になっていた。何気なくオンラインショップをチェックしていたときに、新刊としてレコメンドされたその本を、クリックしないわけがない。
この本では、ビジネスを進めるためにはきれいごとだけでなく、「裏の顔」を持って周囲の人を動かしていくスキル(ダークサイドスキル)が必要であると語られている。読み進めるうちに、私が日々組織変革・風土改革の現場で実感し、戦っていることが言語化されていることに気付き、少しだけ自分を認めてもらったような気がしてうれしくなった。

組織を変えるプロジェクトを推進していると、実に様々な人に出会う。イケイケどんどんで、前向きに応援している“風”の人、周囲の声には耳も貸さず、自分の正義を押し通そうとする人、過去の成功体験に執着し“変わる”ことを遠ざけてスルーする人、

忖度(そんたく)の意味は【共感性】の資質を持つ人ならすんなり理解できる!

2017年の流行語大賞候補にも選出された



忖度(そんたく)



の意味は、【共感性】の資質を持つ人ならすんなり理解できるはずです。



忖度(そんたく)を辞書で検索すると、



人の気持ちをおしはかること。推察。 「相手の心中を-する」



となっており、ストレングスファインダーの【共感性】の資質を持つ人は、

周囲の人の感情を敏感に察知する
人々が必要としていることが自然と分かる
が自然と当たり前にできてしまう人だからです。(参考:⇒【共感性】の資質の特徴)
※むしろ、当たり前にできすぎてしまうために、「それって誰でもやってることでしょ?特別なことでも何でもないよね?」と思ってしまうかもしれませんね(笑)

メディアも、自動車会社も・・・権力者の意向を「忖度」する人間が出世していくという怖さ

権力者の意向を忖度する
筆者は23年間、報道に携わる仕事をしてきたが、権力者から圧力があったのか否かを証明することは容易ではないと思う。しかし、今回の場合は、長年記者をやってきた者の「直感」として、権力側から何らかの「圧力」が影響しての降板や交代であると思う。

一般読者の方は、「圧力」と聞けば、たとえば官邸サイドから「あのコメントやニュースの報じ方はけしからん」といったような直接的なプレッシャーがあったのではないかと想像するだろうが、20年以上、報道の現場にいて、現場に見える形であるいは聞こえる形で露骨に「圧力」がかかってくることはほとんどない。多くの場合、それは「忖度(そんたく)する」ことから生まれている。「忖度」とは、人の気持ちを推しはかることである。

空気を読みすぎる人が「KY」になる理由

空気が読めないのに出世する人の特徴
社内を見回すと、空気を読んで行動することにずば抜けて長けていたのに失脚していく人間もいれば、空気を読まない言動が多いのに上司から気に入られて出世していく人間もいるのではないでしょうか。上司からすれば空気を読める部下のほうが使い勝手がいいはずだし、空気を読まない人間とは一緒に仕事もやりにくいはずです。それなのに、なぜそんなことが起こると思いますか。

画像を見る
写真=iStock.com/franckreporter

この謎は「空気を読む」という言葉を「忖度する」という言葉に置き換えると解決します。

2017年の森友学園問題や大企業のデータ改ざん、昨今の政権与党へのメディアの自主規制など、さまざまな事件や問題が立て続けに起こったためにネガティブなイメージが定着してしまいましたが、そもそも「忖度」は「相手の気持ちを推し量る」という意味を持ち、戦わず、平和的に物事を進める日本ならではのコミュニケーションのあり方です。

忖度

歴史
辞典編集者の神永曉によれば、そもそも「忖度」という言葉は、すでに中国の古典『詩経』に使用されており、平安時代の『菅家後集』などにも存在が確認されている[5]。明治期にも使用例があるが、しかし、この頃には、単に人の心を推測するという程度の意味しかなく、相手の気を配って何か行動するという意味合いはなかったという[5]。

毎日新聞の記事によれば、1990年代には「忖度」という言葉は、脳死や臓器移植といった文脈でしばしば用いられていたが、この際もやはり患者の生前の意思を推量するというもともとの意味で使用されていた[6]。ところが、1997年夏の時点になると、毎日新聞の記事においても、小沢チルドレンが小沢一郎の意向を「忖度」するというような記述が見つかり、上位者の意向を推し量る意味合いでの「忖度」の用例が見つかった。政治家に「忖度」という言葉が初めて使われた事例である[6]。日本語学者の飯間浩明も、2006年12月15日の朝日新聞の社説において、上位者の意向を推し量る「忖度」の用例を採集している[6]。

そん‐たく【×忖度】 の解説

[名](スル)他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。「作家の意図を忖度する」「得意先の意向を忖度して取り計らう」


忖度 の例文(5)
出典:青空文庫

・・・のうちをべつだん何も忖度してはいないのだというところをすぐにも見・・・ 太宰治「ダス・ゲマイネ 」

・・・其心中の真面目をも忖度せずして、容易に之に附するに敗徳の名を以て・・・ 福沢諭吉「女大学評論 」

・・・、自心をもって他人を忖度すべし。 人の心を鎮撫するの要は、その身・・・ 福沢諭吉「学問の独立

忖度する人をどう思いますか? Add Star

忖度をどう解釈するかにもよると思いますが、個人的には日本の社会ではある程度必要なことと思っています。
皆さんはどうお考えでしょうか?



回答の条件
1人5回まで13歳以上
登録:2019/11/07 18:28:29
終了:2019/11/08 11:14:54
ベストアンサー
id:adlib
No.1
adlib回答回数2433ベストアンサー獲得回数1682019/11/07 22:23:40
 
 ちかごろ、はてなの質問数が激減したので、一つの質問が二回つづく
のは、スタッフの会議で、上司が提案したからではないでしょうか。
 誰一人「その手はないよ」と反論しないのは、忖度ブームだから?
 
https://q.hatena.ne.jp/1573118877
 ↑ 20191107 18:27:57 ↓ 18:28:29
https://q.hatena.ne.jp/1573118909

「忖度疲れ」で追い詰められる人の精神構造

忖度はなくならない
最初に強調しておきたいのは、忖度は日本社会から決してなくならないということである。というのも、忖度は通常は配慮、気配り、思いやりなどとして認識されており、それが自然にできる人は「気が利く」と評価されることが多いからだ。

その背景には、日本社会において「察する」ことが伝統的に重視されてきたことがある。つまり、「言わなくてもわかる」以心伝心の間柄が望ましいとされてきたわけだ。裏返せば、腹の探り合いによってコミュニケーションを図ってきたともいえる。

このような社会で欧米と比較して言語が軽視されるのは当然だろう。いや、むしろ言葉でいちいち伝えるのはやぼという風潮さえあったように見える。歴史学者の会田雄次は『日本人の意識構造』(講談社現代新書)の中で「言葉(ロゴス)の否定という点、ないしは相互理解のためには、論理的な言葉は重要でないし、むしろ邪魔だという気持ちこそ、実は日本人には生得的なものではないか」と述べているが、筆者も同感だ。

「ダメ上司」は部下の”忖度”を好み、 「優れた上司」は○○に徹して”忖度”を避ける

「地位は人をつくる」のではなく、「ダメな人」をつくる
「地位は人をつくる」といわれます。
 それなりの地位に就くと、その地位にふさわしい人間に成長していくという意味ですが、私はかなり疑わしい言葉だと考えています。むしろ、「地位は“ダメな人”をつくる」というほうが真実に近い。

 これは、若いころから薄々感じていたことです。私は、おおむねよい上司に恵まれてきましたので、そのことに非常に感謝していますが、なかには、「自分は能力があるからこの地位に就けた」と勘違いして、尊大な態度を取り始める人物もいました。

 偉そうに部下を呼びつけては威張り散らすような鼻もちならない人物を見ていると、「地位は“ダメな人”をつくる」「地位は“変な人”をつくる」という言葉を思い浮かべずにはいられませんでした。そして、優れたリーダーは、「地位は“ダメな人”をつくる」ということをしっかりと認識し、「自分がそうなってしまうのではないか……」という臆病な気持ちをもっています。それを、教えてくれたのはブリヂストン元社長の家入昭さんでした。

忖度とは

「忖度」の本来の意味は「他人の気持ちを推し量ること」です。

しかし皆さんのイメージは忖度するというのは、なにか悪いことをすると言ったイメージかも知れません。

これは政治家の気持ちを推し量った官僚が勝手に配慮した結果、社会的な事件を引き起こしてしまったからです。

正しい言葉の意味からすれば、忖度することは悪い意味どころか、社会人としてはむしろ忖度することは必要不可欠とも言えるのです。

他人の気持ちをわかるということは、コミュニケーションを図る上でもとても重要なことです。

特に職場においては忖度することは必須と言えるでしょう。

しかし忖度しすぎると「他人の気持ちを推し量った上で配慮する」するという行動となってしまいます。

橋下徹「上司を忖度する時にやるべき事」

忖度には「悪い忖度」と「良い忖度」がある
仕事というのは、いかに想像力を膨らませられるかが、出来不出来を決めます。「上司はどう見ているだろう」「トップはどう見ているだろう」「お客さんはどう見ているだろう」という想像力のない人は、いい仕事ができるようにはなりません。

仕事の段取りも、先が読めるかどうかという想像力の問題です。先手・先手を打てる人は、つねに物事の進み方を想像して、あらかじめ段取りを組んで、対応していきます。想像力が働かない人は、後手・後手になってしまいます。

上司に提案をするときにも、上司の視界を想像して物事を考えられるかどうかは、提案が採用されるかどうかを左右します。

ある意味では上司に対する「忖度」です。

忖度には「悪い忖度」と「良い忖度」があります。

悪い忖度は、自分の出世や保身のために、上司に気に入られようとしてする忖度。あるいは組織を害するような忖度です。上司の意向を忖度して違法なことをするのは最悪です。

対人スキルが低めの人が、「忖度」されると、こうなってしまう。

「忖度(そんたく)」という言葉がメディアを賑わしている。あらゆるメディアで取り扱われ2017年には流行語大賞にもなった。

しかしながら、その使われ方はあまり喜ばしいものとは言えない。

「役人の忖度はあったのか」などの言葉が躍り、まるでこの言葉自身が悪者で、あってはならない悪行のように錯覚してしまう。

本当に「忖度」はやってはならない行為なのか。なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。少しだけ考えてみた。



そもそも「忖度」には「相手の気持ちを推し量って配慮すること」という意味合いがある。簡単に言ってしまうと思いやりの気持ちだ。

別に悪い行動ではなく、むしろ良いことだ。通常の社会生活を営む人間なら当たり前に実施できるであろう行為、それが「忖度」なのだ。

忖度(そんたく)の意味は『他人の心を推し量ること』

「忖度」とは『他人の心を推し量ること』という意味です。

しかし、最近では「忖度」といえば『上司や目上の人の気持ちを推察し、配慮する』といった意味合いで使われることが多くなりました。

ここでは「忖度」の正しい意味や使い方、「忖度」の意味合いが変化してきた理由などを分かりやすく解説します。

社会人として「忖度」はできて当たり前のこと。きちんと意味を理解して正しい使い方をマスターしておきましょう!

忖度する人の特徴・心理・対処法

忖度する人の特徴


頭の回転が速い


忖度する人というのは、その時その場、その相手に応じた即時的な判断ができるということで、頭の回転が速い人だと言えます。

目上の人に対してどういった対応をするのが好ましいのか、そのために自分がどのような行動をするべきかというのは、機転の良さと判断力があってこそ取捨選択ができるもの。

細やかな心配りが必要となるため、鈍感な人にはまず務まりません。

また、とっさの判断で損得勘定ができるくらいに計算高い人であるとも言えます。

忖度というのは権力者や目上の人を喜ばせるためにするものですし、うまく立ち回ることができればそういった相手に気に入ってもらえたり好印象を与えたりすることができます。

このような自分にとって有利な状況を作り出す仕掛けができるというのは、頭の回転が速い証拠です。

忖度はするけれども目下の者や同僚、好感を持たれることでその人自身が得をするわけではないという相手に対しては特別な配慮をしない、という人の場合はとりわけ計算高さが伺い知れます。

1