忖度する人の特徴


頭の回転が速い


忖度する人というのは、その時その場、その相手に応じた即時的な判断ができるということで、頭の回転が速い人だと言えます。

目上の人に対してどういった対応をするのが好ましいのか、そのために自分がどのような行動をするべきかというのは、機転の良さと判断力があってこそ取捨選択ができるもの。

細やかな心配りが必要となるため、鈍感な人にはまず務まりません。

また、とっさの判断で損得勘定ができるくらいに計算高い人であるとも言えます。

忖度というのは権力者や目上の人を喜ばせるためにするものですし、うまく立ち回ることができればそういった相手に気に入ってもらえたり好印象を与えたりすることができます。

このような自分にとって有利な状況を作り出す仕掛けができるというのは、頭の回転が速い証拠です。

忖度はするけれども目下の者や同僚、好感を持たれることでその人自身が得をするわけではないという相手に対しては特別な配慮をしない、という人の場合はとりわけ計算高さが伺い知れます。

出典忖度する人の特徴と忖度できない人の特徴の違いとは?

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る