忖度はなくならない
最初に強調しておきたいのは、忖度は日本社会から決してなくならないということである。というのも、忖度は通常は配慮、気配り、思いやりなどとして認識されており、それが自然にできる人は「気が利く」と評価されることが多いからだ。

その背景には、日本社会において「察する」ことが伝統的に重視されてきたことがある。つまり、「言わなくてもわかる」以心伝心の間柄が望ましいとされてきたわけだ。裏返せば、腹の探り合いによってコミュニケーションを図ってきたともいえる。

このような社会で欧米と比較して言語が軽視されるのは当然だろう。いや、むしろ言葉でいちいち伝えるのはやぼという風潮さえあったように見える。歴史学者の会田雄次は『日本人の意識構造』(講談社現代新書)の中で「言葉(ロゴス)の否定という点、ないしは相互理解のためには、論理的な言葉は重要でないし、むしろ邪魔だという気持ちこそ、実は日本人には生得的なものではないか」と述べているが、筆者も同感だ。

出典「忖度疲れ」で追い詰められる人の精神構造 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る