1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

ラガモさん

デビュー35周年イヤーを迎えた歌手・女優

(なかやま みほ)

1970年生まれ
東京都出身

近年、舞台やドラマ、映画などで個性的な役柄を演じ存在感を示している中山美穂。

中山といえば、1980年代に芸能界デビューして以来、主演ドラマや数々のヒット曲で時代をけん引したトップアイドルであり女優

現在公開中の映画に、不貞する主人公の妻役で出演

“妻への復讐のために108人の女を抱く”という奇想天外な展開からR18+指定となった本作

爆笑コメディでもあり、エロチシズムも満載、シニカルに世相も写し出した松尾スズキワールド炸裂

年下のダンサーに心を奪われる妻・綾子役の中山は「正直、とても面白いと思いました。多少は躊躇しましたけど、内容の方が勝って。台本を読んでやりたいと思いました」とキッパリ。

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』著名人絶賛コメント映像

『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』 日本製のR18コメディがシネコンで観られる驚き。 これぞ松尾スズキワールドなのだとは思うが意外と真面目な側面もあり、個人的には父親を看取るシーンのように、もっとバカ&エロに徹してほしかった。 しかし、中山美穂の新たな魅力は、それだけでも観る価値あり。 pic.twitter.com/pmoSFPsjEY

来年1月17日公開の映画にも出演が決定

宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけにはじまったふたつの世代の恋愛と、それぞれの心の再生、成長を描くオリジナルストーリー

女優の中山美穂と俳優の豊川悦司が、希代の映像作家・岩井俊二監督の最新作「ラストレター」に出演

豊川悦司さんが未咲の元恋人である阿藤を、中山美穂さんが阿藤の同居人・サカエを演じます。

未咲=主人公・裕里(松たか子)の姉

映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

さらに来年1月放送のドラマでは、”レディコミ漫画家”役

中山美穂、木村多江、大島優子が初共演する『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』が、WOWOWプライムにて2020年1月より放送される

本作は同じマンションに住む3人の女性とその3つの家族それぞれが抱える事情と欲望が入り乱れる、大人のドラマ。

中山が演じるのは、再婚相手との家庭で「妻」「母」でありながら、官能作品で絶大な人気を誇るレディコミ漫画家としての顔も併せ持つ内田百々子役。

そんななか、20年ぶりのアルバムジャケットビジュアルを発表

彼女のオリジナル曲としては1999年9月16日「Adore」以来、約20年ぶりとなるニューアルバム「Neuf Neuf (ヌフ ヌフ)」

1 2