1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
1 お気に入り 2393 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■U-17日本代表がベスト16で散る

\FULL-TIME/ FIFA U-17ワールドカップブラジル2019 ラウンド16 #U17日本代表 0-2 U-17メキシコ 11/7(木) 4:30KO Estadio Bezerrao J SPORTS 4(LIVE)/BSフジ(録画) ✅jfa.jp/national_team/… #jfa #daihyo #U17WC #JPNMEX pic.twitter.com/Sn1ivKFcy7

U-17ワールドカップ・決勝トーナメント1回戦の試合が現地時間6日に行われ、U-17日本代表はU-17メキシコ代表と対戦。

序盤からメキシコに主導権を握られて攻め込まれ、なんとかスコアレスで前半を折り返したものの、後半12分にCKから失点。

後半29分にも追加点を許した日本は、その後攻撃の圧力を強めたが、最後までゴールをこじ開けられず0-2で敗戦。

久保建英(マジョルカ)らを擁した前回2017年大会に続き、ベスト16でU-17W杯を終えた。

■敗れたものの、”死の組”を無敗で突破して世界に衝撃を与えた日本

スタジアムで、テレビの前で、応援してくださった皆さま、ありがとうございました! FIFA U-17 World Cup Brazil 2019 グループD 10/28 3-0 オランダ 10/31 0-0 アメリカ 11/3 1-0 セネガル ラウンド16 11/7 0-2 メキシコ jfa.jp/national_team/… #jfa #daihyo #U17WC #U17日本代表 pic.twitter.com/Oiwth7WlDR

アジア予選にあたる昨年のAFC U-16選手権を制し、アジア王者として2大会連続6回目のW杯に臨んだ日本。

欧州王者オランダ、北中米カリブ海準優勝のメキシコ、アフリカ代表のセネガルが所属する“死の組”を無敗(2勝1分)で首位通過。

各ポジションに才能ある選手が揃い、過去最高のベスト8越えも期待されるなど、世界中から多くの注目を集めていた。

■今大会で評価を急上昇させた3選手

FW西川潤(桐光学園高校/C大阪内定)

既に特別指定選手としてトップでのプレーも経験しているほか、今年5月には飛び級でU-20世界選手権の代表に選出された。

今大会でも優れたテクニックとアイディアを披露し、3試合で2得点2アシストと日本の全4ゴールを演出。

すでにバルセロナが国際移籍が可能となる18歳を迎えたタイミングでの獲得を狙っているなど、今大会で最も株を挙げた一人。

FW若月大和(桐生第一高校/湘南内定)

高校1年生までは無名の存在だったが、2年生でレギュラーを獲得して頭角を現わし、湘南ベルマーレ加入が内定。

すでに特別指定選手として、4月に行われたルヴァンカップで公式戦デビューを果たしている。

技巧派の西川に対し、若月はより”ワイルド”で、爆発的な加速力と当たり負けしないパワーが持ち味のストライカー。

オランダ戦では絶妙な裏への抜け出しで相手を翻弄し、西川との連携から2ゴールを奪取。

このセンセーショナルな活躍を受けて評価も急上昇しており、セリエAの強豪ユベントスが興味を示しているという。

GK鈴木彩艶(浦和レッズユース)

1 2