1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

本物そっくりのWebサイト。。

それらの公式サイトにそっくりな偽サイト(フィッシングサイト)に誘導することで、巧みにログインIDやパスワードなど個人情報を盗み出す詐欺手法です。

◼︎ 巧妙化する“偽2段階認証サイト”

2段階認証を狙う偽サイトが急増し、セキュリティー企業のトレンドマイクロが消費者に注意喚起を行っている。

偽サイトの手口は、メールで偽サイトに誘導し、そこでIDやパスワードを入力すると2段階認証のような画面が現れ、2段階認証のパスワードを入力してしまうとネットバンキングの認証情報が盗まれ、不正送金の被害に合う可能性があるという。

対策としては「URLリンクがきた時点で絶対開かないこと」や「一度ネット検索をするのも効果的。不安であればブックマークをして怪しいサイトをおぼえておくこと」

◼︎ 佐川急便から来るショートメールは偽物!

佐川急便を装った迷惑メール。 ここで飛ばされる偽サイトがなかなかの出来。 通販で買い物しまくってるとうっかりタップしちゃうけど、宅急便はSMS通知しないとの事なので無視してね( •ω- )☆ お気をつけあそばせ~ pic.twitter.com/aRT53EoWZo

連日ニュースなどでも取り上げられてますが、佐川急便を騙る偽物のショートメールが出回っていますね。

もしあなたのスマートフォン端末にこちらのような配達不在通知を装ったショートメールが届いたら注意が必要です。

◼︎ 気象庁の公式アカウントが注意喚起!

官公庁、それも気象庁を装って偽サイトから悪質アプリをダウンロードさせるなんて、なんて神経しているんだろう……あり得ん!! ▼気象庁が注意喚起 報道発表を装った迷惑メールにご注意を https://t.co/z0XbXUe4l8 #気象庁 #注意喚起 #災害 #迷惑メール #アプリ #偽メッセージ pic.twitter.com/8Xn4ICGBlQ

気象庁の公式Twitterアカウントによると、偽アプリをダウンロードさせようとする迷惑メールが届いたという情報が、最近寄せられているとのこと。

かなりそれらしく作られており、思わずクリックしてしまいそうになりますよね・・。ただ、パッと見た時は見分けがつきませんが、よく読んでみると・・アレ?という感じもします。

◼︎ 日本郵便の偽サイトで個人情報を抜き取られる被害者が続出中!

【拡散希望】郵便局を装ったショートメッセージ&偽サイトに、誤ってApple IDとパスワード入力しちゃいました……。すぐにパスワード変更したので大丈夫だと思いますが。ちょうど、受け取る郵便があったこともあったのですが、不注意すぎました。騙される人が一人でも減るように、拡散希望します。 pic.twitter.com/sLIviX3jDn

ゆうパックなどの不在を装ったメールを悪用し、メール内のURLから偽サイトに誘導し、不正アプリをダウンロードさせて個人情報を盗みとるという手口です。

本物そっくりの偽サイトも存在し、手口が多様化・巧妙化しています。

◼︎ Amazonの偽サイトは本物と見た目が全く同じ

Amazon装った中々巧妙な迷惑メール来た。 アプリで開いたら全然利用制限なんかされてないし、偽サイト間違ったパスワードでログイン押せちゃうしwww 皆も気をつけて #Amazon #迷惑メール pic.twitter.com/1x4jIJJNrQ

Amazonには偽サイトが存在しており、そうと知らずにうっかりアクセスしてしまうと犯罪の被害者になってしまうかもしれません。

1 2