1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

海岸に氷の卵だと!?神秘的すぎる光景に驚きを隠せない

フィンランドの海岸に氷の卵が大量に打ち寄せいているようです。

更新日: 2019年11月09日

12 お気に入り 24039 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BBCテレビの取材を参考に作成しました。

PINKMOMOさん

■フィンランドの海岸に打ち寄せられた無数の卵

これも異常気象の影響? フィンランドのとある海岸を、卵形の氷の塊がびっしりと埋め尽くし、人々を驚かせている

この「氷卵」が出現したのは、フィンランドとスウェーデンに挟まれたボスニア湾にあるハイルオト島の海岸

浜辺一面をどこまでも埋め尽くす白い卵のような氷を目にして、島民全員が腰を抜かした

■その光景がコレだ

Thousands of egg-shaped balls of ice have covered a beach in Finland, the result of a rare weather phenomenon. It occurred along the Marjaniemi beach on Hailuoto island. Photos by Risto Mattila pic.twitter.com/W01AovKZjB

Un’altra foto di Risto Mattila delle “uova di ghiaccio” sulla spiaggia di Hailuoto in Finlandia. pic.twitter.com/hcPpe0IiEj

La isla de Hailuoto, situada en el Golfo de Botnia, en Finlandia, ha registrado recientemente un curioso fenómeno que ha sorprendido a sus poco más de 1.000 habitantes. pic.twitter.com/DAjQgZoCHU

■なぜ、氷がこのような形に変化するのか?

氷の球体は海岸付近の海上が荒れてもろい氷の層がくだけ、冷たい水の中で重なり合って形成される

絶え間なく押し寄せる波で流されるうちに、水が回転する動きによって次第に丸みを帯びたボールのように変化

■かなりレアな現象だという

アイスボールが大量に打ち上げられ始めたのは今月3日だが、それまで島民は誰一人としてこんなものを見たことがなかった

「驚異的な景観だった。このへんで25年間暮らしているが、あんなのは一度も見たことがなかった」とマッティラ氏は言う

住民の声です。

卵形をした流氷が海岸に積み重なる光景が出現し、厳寒の中で訪れた観光客を喜ばせている

■氷といえば、氷のようなヨーロッパ最大の「結晶世界」、「プルピ晶洞」が一般公開された

氷の結晶のような透明度の高い巨大な透石膏で覆われているスペインの「プルピ晶洞」が、2019年8月から一般公開

この晶洞は欧州最大の規模を誇り、世界でも、メキシコ・チワワ(Chihuahua)州にある晶洞に次ぐ大きさ

最新の研究では、この晶洞がオスヴァルド熟成という熱力学的現象で形成されたことを説明しており、形成が始まった年代は560万年前と推定

■謎が多い

晶洞内のクリスタルは、非常に透明度の高い高純度の結晶のため、これを分析しても形成年代を特定する情報を得ることが困難

1 2