1. まとめトップ

【喜びと悲しみを分け合う】気楽に読める名作短編を並べていく

幸福な王子、阿Q正伝、藤野先生、やまなし、雁、手布、蜘蛛の糸、舞踏会、河童、竹青

更新日: 2019年11月10日

4 お気に入り 199 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

koitate2016さん

【幸福な王子】オスカー・ワイルド

「死というのは眠りの兄弟ですよね?」

王子が不幸になるのは構わないが、燕までか巻き添えにするなよと。
焼き鳥パクパク、ビールごくごく、カラオケつばくろ。

【阿Q正伝】魯迅

阿Qは、未荘という村の日雇い農民であり、名前も出身も定かではない。
地主、農民の全ての人間に馬鹿にされているが、自尊心だけは人一倍強い。
我こそは自ら軽蔑できる第一人者として自己満足していた。
女中に言いよったために、村に居られず県都に行く。
盗賊の手伝いをして稼ぎ、金を持って村に帰ってくる。
辛亥革命に憧れ、革命革命と叫んで歩く。
そのため強盗殺人の犯人として逮捕される。
法廷では弁護もできず、町を引き回され銃殺される。
村の人々はこれを見物し、つまらない死刑囚だと罵る。

【藤野先生】魯迅

仙台医学専門学校において出会った、藤野先生とのお話です。
立場と国家を超えた、精神の交わりを書く。
その後、藤野先生は、故郷福井の医者になる。
そこで息子に言われて、初めて知る。
中国人留学生の周君が、中国の文豪の魯迅になったことを。
結局、二人は再開することも、連絡を取り合うこともなかった。

【やまなし】宮沢賢治

「クラムボンはわらったよ。」

漫画の神様、手塚治虫の漫画に、この作品を題材にした漫画があります。
上と下に別れて、物語を繰り広げていく漫画です。

【雁】森鴎外

「おれには目上も目下もない。おれに金をもうけさせてくれるものの前には這いつくばう。」

高利貸しの末造、その妾のお玉、そして医学生の岡田の三人が織りなす物語です。
大人になってから読むと、末造に共感してしまう。
人の一生は、あまりにも些細な事で、変わってしまう。

【手布】芥川龍之介

夫人が息子が死去したことを、冷静に話す。
だが手巾を持つ手は震えている。
これこそ、日本の女の武士道だ。
そして目の前には、ストリンドベリの本がある。

【蜘蛛の糸】芥川龍之介

「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。お前たちは一体誰に尋いて、昇って来た。下りろ。下りろ。」

全ての人間が幸福にはなれない。
何故、全ての人間が幸福にはなれないのか?

【舞踏会】芥川龍之介

フランスの軍人ピエール・ロティの『秋の日本』から着想を得ています。
明治19年の天長節の夜、鹿鳴館で夜会が催される。
一人の女性が、あるフランス人海軍将校に踊りを申し込まれる。
二人はワルツを踊り、そして美しく儚い花火を眺める。

【河童】芥川龍之介

ディストピア小説(ユートピアの反対の意味)です。
ジョナサン・スウィフトの『ガリヴァー旅行記』のような物語です。
長野県松本市安曇にある河童橋から着想を得ています。
なお芥川の命日の7月24日は、河童忌と呼ばれています。

【竹青】太宰治

中国に魚容という貧書生がいた。
三十歳になり、而立し出世しようと、郷試を受験するが落第してしまう。
帰ったら妻に怒られるだろうなぁと考えながら、呉王廟の廊下に這い上がり、ごろりと仰向けに寝ころがる。
あまりの疲れからか、精神朦朧となり、世を呪い、我が身の不幸を嘆く。

1