1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

新感覚ホラー『ブライトバーン』も!今週末公開の「おすすめ映画」

2019年11月第3週末公開の「おすすめ映画」6作品。『ブライトバーン 恐怖の拡散者』、『殺さない彼と死なない彼女』、『エンド・オブ・ステイツ』、『地獄少女』、『影踏み』、『わたしは光をにぎっている』。

更新日: 2019年11月20日

8 お気に入り 16907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ブライトバーン 恐怖の拡散者』(11月15日公開)

試写で『ブライトバーン 恐怖の拡散者』を一足先に拝見しました。スーパーパワーを持った子供が邪悪な存在に…。正に発想の転換の勝利。年頃の反抗期と環境により歪んだ超人子供の残虐っぷりが広がる。特別な力=善という常識は通用しない見事ホラーへと落とし込んだ作品です #ブライトバーンの拡散者 pic.twitter.com/XBRqTCE0uu

試写で『ブライトバーン/恐怖の拡散者』観ました。スーパーパワーを持った子供が捻くれ、そのままねじ曲がっていく様を丁寧に丁寧に描いた、悪意で真っ黒な素晴らしい作品です。もしも超人がヒーローにならずに殺人マシーンになったら?もちろん、地獄絵図が広がるんだよ!!!#ブライトバーンの拡散者 pic.twitter.com/9MchZnzzgj

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』試写で観ました。スーパーパワーを持つ子供が正義のヒーローとは限らない…ヒーロー映画に慣れたせいで盲点だった設定。子供の迷いのない残虐性がさらに怖さを増幅させる。史上最悪の思春期 vs 親の無償の愛 どちらが勝つか見届けて欲しい #ブライトバーンの拡散者 pic.twitter.com/fAUrRRrVYs

◆『殺さない彼と死なない彼女』(11月15日公開)

「殺さない彼と死なない彼女」試写会で鑑賞してきました! 笑いあり、胸きゅんあり、涙ありで、たまに胸がキュッと苦しくなるようなシーンもあり、この映画一本でたくさんの感情が湧きました。 #殺さない彼と死なない彼女 #殺カレ死カノ公開記念 #桜井日奈子 #間宮祥太朗 pic.twitter.com/e6CgnnOUYo

『殺さない彼と死なない彼女』試写 メインビジュアルからは想像もつかない青春群像劇が展開されるんだけど、メイン以外の2組の物語がほろ苦く、終始心揺さぶられまくりで泡吹いて倒れるとこでした。 照明を使わず自然光のみで撮影した眩しすぎる本編映像と高校生の青春の淡さが綺麗に融合していた pic.twitter.com/geyiJKqcpi

「殺さない彼と死なない彼女」試写会にて。 SNS漫画家・世紀末の4コマ漫画原作。 3組の高校生の何気ない日常が群像劇でもオムニバス形式でもない独自の構成で、捉えきれない各々の心情が独特な距離感で描かれる。 会話劇の中で見え隠れする本心と強がりに前向きな希望が見えた。 #殺カレ死カノ公開記念 pic.twitter.com/nlieql8IPz

◆『エンド・オブ・ステイツ』(11月15日公開)

『エンド・オブ・ステイツ』試写。このシリーズ、私は見ずにはいられないのだが、やはりアーロン・エッカート演じる肉体派大統領がいないと寂しい。でもジェラルド・バトラー演じるマイクの過去が分かるのと、モーガン・フリーマン演じる新大統領との絆は良かった。そして、ニック・ノルティが最高だ。

11/15公開『エンド・オブ・ステイツ』試写感想。陰謀に巻き込まれ逃亡者に!とにかくドンパチ!さらに爆発!そんな観たいものを観せてくれる理想的ド派手アクションです!主人公の父親が爆弾魔だったりするのも超楽しく斬新なカーチェイスのアイデアもあるよ!前作と前々作を観ていなくてもOK! pic.twitter.com/8KHQJL4ZMI

『エンド・オブ・ステイツ』のマスコミ試写で見させて頂きました。 度重なる戦いでボロボロになっているマイク・バニング…と思いきや、人を殺すと体調が良くなる模様。 新たな主の為に、爆弾魔の親父を引き連れて、今日も元気に殺めてます。 #エンド・オブ・ステイツ twitter.com/ClockworkReona…

◆『地獄少女』(11月15日公開)

『地獄少女』試写。代行で恨みを晴らす地獄少女に玉城ティナ。端整な顔立ちがこの類の役にドンピシャ。クールに決め台詞を放つ。依頼者も相応の覚悟が必要。わかっていてもその場の感情で頼んでしまう人間の弱さにも踏み込む。復讐の連鎖は悲しい。白石晃士監督らしい題材だが表現は大人しめ。 pic.twitter.com/nsAIdg0vVd

某プロデューサーの招待で白石晃士監督「地獄少女」試写で見させて頂きました。鶴田監督たちが編み出したホラー表現も盛り込みつつホラーの新機軸にも手を突っ込んだ和製ヘルレイザー。数年前「劇場霊からの招待状」で御一緒した仁村紗和ちゃんが著しい成長を遂げていて素晴らしかった!今秋公開。

『地獄少女』初号試写。どうしても間違ってしまう人たちの映画。その人たちを否定しない映画。なのだと気づいたが、自作のそういう部分にあまり意識的になると実作に悪い影響が出るので、もう忘れる。とにかく、面白い映画になった。世に放たれる日が楽しみだ。乞うご期待!!!

◆『影踏み』(11月15日公開)

『影踏み』の試写会に行ってきました! 本当にずっと楽しみにしていたから舞台挨拶も見ることができてありがたすぎて拝んだわ✨ 映画これまじ絶対に見て…思ってた通り北村さんの啓二めちゃくちゃいい…やばい…いや思ってたのより何倍もよかった…こういう北村さん初めて見た… #影踏み #北村匠海 pic.twitter.com/G4KbY9adWn

山崎まさよし「影踏み」完成披露試写会。主人公がテーマ曲を歌う素晴らしさを山田監督と賠償さんに教えて頂いた後だったのでとても楽しめた。山崎さんも竹原さんも絵になる音楽家だなあ。現実の事件とそれぞれの哀しみの解け方が絶妙でした。余韻に浸りながらの山崎さんの歌声は最高でした!#影踏み

もうすでに影踏み試写会ロス… 本公開楽しみすぎ… 尊い映画なの本当… #影踏み pic.twitter.com/nEfq7wStD3

1 2