1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界に1台!パレードのロイヤルオープンカーが大注目されてた

11月10日の3時から予定されている祝賀パレードですが、そこに用いられるロイヤルオープンカーが大注目されているみたいです。

更新日: 2019年11月10日

9 お気に入り 20386 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PINKMOMOさん

■昨日行われた天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典

皇居前広場では、およそ3万人が参加し、祝賀式典が行われ、両陛下は、皇居・正門の石橋に姿を見せられた

皇后さまが目に涙を浮かべる一幕も。天皇陛下も「大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただいたことに深く感謝いたします」などと述べ、国民の祝福に応えた

■嵐などがお祝いを

ピアニストの辻井伸行さんや、人気アイドルグループ「嵐」などが、陛下が長年関心を寄せてきた水にちなんだお祝いの曲を披露

安倍晋三首相の祝辞、アイドルグループ「嵐」による奉祝曲の歌唱、国家独唱・斉唱などに続き、天皇陛下がお言葉を述べられた。

祝賀式典には3万人が参加。女優の芦田愛菜さん(15)、歌舞伎俳優の松本白鸚さん(77)らが祝辞を述べた

■そして本日「即位祝賀パレード」が行われる

祝賀パレード、「祝賀御列の儀」。本番に向け、東京都心では厳戒態勢が敷かれつつある

沿道の人たちの祝福を受けながら、東京の都心部のおよそ4.6キロのルートを通り抜け、午後3時半ごろ、お住まいの赤坂御所に到着

車列は時速およそ10キロで走る予定で、このペースで進めば、午後3時5分ごろ、桜田門付近を警視庁の音楽隊が演奏する中、通過し、華やかな雰囲気を楽しむことができます

■注目されているのが世界に1台の「ロイヤルオープンカー」

新天皇が2019年10月22日に行われる祝賀パレードで使用するクルマを、「トヨタセンチュリー」に決定した、と発表

全長5・34メートル、全幅1・93メートル。内閣府が上限8千万円で購入した超高級車だが、やはり一般車とは細部に違いがある

■価格は約8000万円

後部座席は前列より4センチ高くなり、背もたれの傾きを25度に固定した。シートは厳選した白の本革

ちなみにセンチュリーの価格は1960万円。センチュリーロイヤルは、天皇皇后両陛下が乗車する標準車(ナンバー「皇1」)で1台5250万円。防弾性能等が強化された国賓接遇用の特装車(ナンバー「皇3」、「皇5」)で1台9450万円

■ナンバープレートの右上に注目

一般車のナンバープレートがある位置に菊の御紋があり、その向かって右上に直径10センチほどの円形の銀色地に金で「皇」と数字が刻まれている

直径約10cmの円形で「皇10」と書かれたナンバープレートが付けられ、儀式の際はボンネットの先頭に天皇旗を設定

宮内庁によれば、国会開会式など公的なお出ましには「皇」ナンバー、その他のお出ましには品川ナンバーを使うのが通例だという

1 2