奈良旅行へ。どうせ旅行に本を持っていっても満足に読めないことを学習したので、今回は斎藤茂吉『万葉秀歌』、和辻哲郎『古寺巡礼』、瀧波貞子『持統天皇』の三冊だけ。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

古寺巡礼 真に勇気あり力ある者は、恐ろしい真実を見つめるとともに、それに堪える道を知っている。

人類の教師たり得るような智慧の深さや人格の偉大さは、大衆の眼につきやすいものではないのである。

このまとめを見る