広目天の眉をひそめた顔のごとき、後代にみられる誇張のあとがまるでない。かすかなニュアンスによって抑揚をつけた静かなこの顔の方が、はるかに強く意力を現している

出典『古寺巡礼』和辻哲郎

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

古寺巡礼 真に勇気あり力ある者は、恐ろしい真実を見つめるとともに、それに堪える道を知っている。

人類の教師たり得るような智慧の深さや人格の偉大さは、大衆の眼につきやすいものではないのである。

このまとめを見る