1. まとめトップ

智恵子抄 私はあなたの愛に値しないと思ふけれど あなたの愛は一切を無視して私をつつむ

最も強大な美の源泉は、民族そのものが亡びても其の美の勢力を失わない。一民族を超えて世界の美の源泉となる。

更新日: 2019年11月10日

5 お気に入り 1598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

人を信ずることは人を救ふ。自分を信じてはいけない(戒め)。

koitate2016さん

民族の持つ美の源泉は実に深く、遠い。その涌き出ずる水源は踏破しがたく、その地中の噴き出口は人の測定をゆるさない。

出典『美の日本的源泉』高村光太郎

言わずと知れた高村光太郎の詩です。学校で学んだと思います。
妻の高村智恵子を、モデルにした作品です。
何度も、映画化、ドラマ化されています。
内田康夫の「首の女」殺人事件は、『智恵子抄』を題材にした作品です。かなり昔、読んだ覚えがある。

【ときぺでぃあ】高村光太郎 詩人で彫刻家の高村光太郎の妻・智恵子は、1934年九十九里の「田村荘」で病気療養をしており、光太郎は毎週東京から見舞いに来たといいます。「サンライズ九十九里」の裏手に「智恵子抄」の一節を記した詩碑に自筆の「千鳥と遊ぶ智恵子」全文が刻まれています。

書齋机の棚に入っている本は、レイミア展のために紹介したものを除き、296冊目の「智恵子抄」で最後。集めるためではなく、読むために手に取っていたら集まった生活の残滓に過ぎない断捨離の対象物ですね。僕の跡に残るのはその程度です。それが僕の重さです。やる事もないので隣の書架に手を伸ばす。

品川寺や目黒川、来年は花満開の時期に来たいです それから大井町を目指し、ゼームズ坂へ。 智恵子抄の碑の上も大きな桜の木。 残り桜にしなびた檸檬。 #帰宅ラン pic.twitter.com/T33wNsjtH8

花より先に実のなるやうな
種子より先に芽の出るやうな
夏から春のすぐ来るやうな
そんな理屈に合はない不自然をどうかしないでゐて下さい
型のような旦那さまと
まるい字をかくそのあなたと
かう考へてさへなぜか私は泣かれます
小鳥のやうに臆病で
大風のやうにわがままな
あなたがお嫁にゆくなんて

出典『智恵子抄』高村光太郎

智恵子は東京に空が無いといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながらいふ。
阿多多羅山の山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

出典『智恵子抄』高村光太郎

僕はあなたをおもふたびに
一ばんぢかに永遠を感じる
僕があり あなたがある
自分はこれに尽きてゐる
僕のいのちと あなたのいのちとが
よれ合ひ もつれ合ひ とけ合ひ
渾沌としたはじめにかへる

出典『智恵子抄』高村光太郎

をんなは多淫
われも多淫
淫をふかめて往くところを知らず
万物をここに持す
われらますます多淫
地熱のごとし
烈烈――

出典『智恵子抄』高村光太郎

日本はすつかり変りました。
あなたの身ぶるひする程いやがつてゐた
あの傍若無人のがさつな階級が
とにかく存在しないことになりました。
すつかり変つたといつても、
それは他力による変革で
(日本の再教育と人はいひます。)
内からの爆発であなたのやうに、
あんないきいきした新しい世界を
命にかけてしんから望んだ
さういふ自力で得たのでないことが
あなたの前では恥しい。
あなたこそまことの自由を求めました。

出典『智恵子抄』高村光太郎

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた
かなしく白くあかるい死の床で
わたしの手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの汁は
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ

出典『智恵子抄』高村光太郎

智恵子はすでに元素にかへつた。
わたくしは心霊独存の理を信じない。
智恵子はしかも実存する。
智恵子はわたくしの肉に居る。
智恵子はわたくしに密着し、
わたくしの細胞に燐火を燃やし、
わたくしと戯れ、
わたくしをたたき、
わたくしを老いぼれの餌食にさせない。
精神とは肉体の別の名だ。

出典『智恵子抄』高村光太郎

智恵子の所在はa次元。
a次元こそ絶対現実。

出典『智恵子抄』高村光太郎

汚れ果てたる我がかずかずの姿の中に
をさな児のまこともて
君はたふとき吾がわれをこそ見出でつれ
君の見出でつるものをわれは知らず
ただ我は君をこよなき審判官とすれば
君によりてこころよろこび
わがしらぬわれの
わがあたたかき肉のうちに籠れるを信ずるなり

出典『智恵子抄』高村光太郎

1